Back to top

セラミック治療

歯のセラミック治療についてセラミックという白い陶製の材料を使って作った、クラウンや詰め物による補綴治療のことを歯のセラミック治療といいます。

セラミックは硬度が高いので丈夫であることと、変色しないという利点がありますが、保険の対象にならない素材であるため、治療費は高めです。

セラミック治療は、治療内容によって使用するセラミックの素材と費用が違いますので、主なものをご紹介します。

 

Before

about Ceramic1

After

about Ceramic2

ハイブリッドセラミック )

レジンとセラミックの中間の素材で安価ですが、色調はオールセラミッククラウンに劣り、経年により変色します。
芯材に金属が使われているので、金属とセラミックの境目が黒く露出してくることがあります。

メタルボンドセラミック )

金属のフレームの外から見える部分にセラミックを貼り付けたものです。
色調がよく、変色しませんが、フレームに使用する金属によっては経年で金属とセラミックの境目が黒く露出してくることがあります。

オールセラミック )

全体がセラミック素材で出来ています。
透明度が高く色調が良いので、前歯の審美的回復に最適ですが、値段が高いということと、割れやすいので、奥歯には適さないというデメリットがあります。

ジルコニアオールセラミック )

人工ダイヤモンドのジルコニアを金属の代わりに使用し、外から見える部分にセラミックを貼り付けたものです。
天然の歯より硬いので、かみ合う歯を痛めてしまう場合があります。
色調や透明感はオールセラミックよりは劣りますが、強度も十分にあるので、奥歯やブリッジにも使用できます。
また、金属を一切使わないので、金属アレルギーの心配がありません。
ただし、使われ始めてからの期間がまだ短いため、長期的予後について、はっきりとは分かっていません。