渋谷の歯医者・歯科|渋谷宮益坂歯科
渋谷駅東口から徒歩1分で通いやすい

TEL

土日も診療可能! 平日夜19時半まで診療
平日 9:00~19:30 土・日 9:00~17:30

03-3407-8503 平日:9:00-13:00 / 14:00-19:30
土日:9:00-13:00 / 14:00-17:30休診日 祝祭日のみ
宮益坂公式Instagram 初診のご予約 再来院のご予約 お問い合わせはこちら

安心して治療を受けられる歯医者を目指して

渋谷駅から
徒歩1分

短期集中治療

仕事が忙しい、遠方から来ている、海外に赴任する、結婚式や就職を控えているetc…

当院では、こうした様々な理由で歯医者になかなか通いづらい・時間的制約のある患者様のために「短期集中治療」を行っております。

最終的な治療内容や治療の質や金額は一切変わりません。

1回の治療時間をできるだけ長くとって進めることで治療回数を減らし、早く治療を終わらせることができます。

*ただし、重度の歯周病や歯の神経を取りのぞく治療など・・、治療の内容によっては回数と時間をかけないといけない治療もございます。担当の先生とご相談ください。

*また、ご予約状況によってはご希望の日時・時間帯に添えない場合があります。予めご了承のほどお願いいたします。

「短期集中治療」をご希望される方は、スタッフまでお気軽にお申しつけください。

痛みの少ない治療

多くのヒトが歯医者に対して「痛いくて怖い」といったイメージをお持ちではないでしょうか。

みなさんが歯医者が苦手だと感じる1番の理由が「痛み」ではないかと思います。

当院では、患者様の「痛み」を最大限、緩和させるための取り組みを行なっています。

以下、渋谷宮益坂歯科で取り組んでいる「痛みへの配慮」の4つのpointをあげていきます。

痛みへの配慮

POINT1 
表面麻酔の
使用

まず、針の注射の麻酔をする前に、表面麻酔をします。

注射を刺すときが1番痛みを感じる瞬間です。

表面麻酔によって、粘膜をヒリヒリさせることで、注射針を刺す痛みを和らげることができます。

POINT2 
電動麻酔器の
使用

当院ではすべての患者様に「電動麻酔器」を使用しております。

電動麻酔器は、麻酔液の注入スピードを一定に保つことができ、余計な圧力をかけずに麻酔を行うことができるため、痛みの軽減につながります。

また、麻酔をした後もすぐには治療を行わず、浸透するのを待ってから治療に入ります。

POINT3 
最細の注射針を使用

麻酔時の患者様の痛みをさらに軽減させるため、従来の33Gのものから、より細い35Gの注射針を導入しました。

刺通抵抗値が従来のものよりも15%軽減され、針の太さも0.03mm細くなっています。

POINT4 
治療後の痛みへの配慮

治療内容によっては、麻酔が切れた後に痛くならないように痛み止めを処方することがございます。

痛くなりそうだなと思ったら早めに飲むことで術後の痛みを緩和することができます。

リラックス麻酔法について

リラックス麻酔法
(静脈内鎮静法)の説明動画


リラックス麻酔法
(静脈内鎮静法)の流れの動画


わかりやすい治療説明

「治療中なにをやっているかわからないまま、気付いたら削られていた」「特に説明もなしに歯を抜かれた」など・・・

説明不足により、患者様からこうした不安な声を聞くことが多いです。

専門的な言葉を使わずに、しっかりとした治療内容を事前に説明し理解していただくことで、患者様にも安心感が生まれると思います。

当院ではアニメーションや小冊子やお口の模型などを使用し、患者様への「わかりやすさ」を心がけております。

血圧測定のモニター画面の見方の説明動画

当院では外科処置をする際には患者様の全身を確認しながら、進めてさせていただいております。血圧測定のモニター画面をわかりやすく説明させていただくように、この説明動画をご覧になってください。

アクセス ACCESS

渋谷の歯医者
渋谷宮益坂歯科
渋谷駅から1分の歯医者

〒 150-0002
東京都渋谷区渋谷1-14-9 藤和宮益坂ビル6F

  • JR 渋谷駅
    東急東横線 渋谷駅 【東口 徒歩1分】
    東京メトロ 銀座線 渋谷駅 徒歩1分
    東京メトロ 半蔵門線 渋谷駅 徒歩2分
  • TEL 03-3407-8503

Your browser sent a request that this server could not understand.
400 Bad Request

Additionally, a 400 Bad Request

Bad Request

error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.