Back to top
歯周病について

歯周病について

歯周病という言葉は頻繁に耳にすることがあると思いますが、どういった病気か詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか?実は、成人日本人の約8割が歯周病に感染していると言われ、歯を失う一番の原因となっているのです。

歯周病とは歯の周囲にある組織「歯周組織」に生じる症状の総称を指します。

歯周組織は、私たちの歯がダメージを受けることを防いでくれる組織です。

歯周病の原因には、食べ物のカスなどのプラークに含まれる歯周病菌と呼ばれる細菌の存在があり、歯周病になるとこの歯周組織が侵食され最終的に歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

歯周組織には主に4つの組織があり、これらが歯周病菌に侵食されると歯を支えることができなくなり歯が抜けることにつながります。

 

about perio1 about perio2 about perio3 about perio4about perio5

1つ目は歯肉や歯茎です。歯茎は歯槽骨を粘膜で覆い、歯の内側を守っています。

歯茎は健康な状態ではピンク色をしていますが、歯周病に侵されると変色していき、最後には紫色の混じった赤黒い色になってしまいます。

2つ目は歯根膜と呼ばれる組織です。歯根膜は人が食べ物などを噛んだ際に、その力が直接歯の奥に伝わらないよう緩衝材の役目を果たしています。

この歯根膜が歯周病によって溶かされてしまうと、歯が外側に露出してしまいます。

3つ目は歯槽骨です。

歯槽骨は、歯茎と歯根膜に覆われる骨で、通常歯は歯槽骨によって保護されています。

しかし、歯周病によって歯槽骨が溶かされると、歯根膜同様に歯が露出してしまう原因となります。

4つ目はセメント質と呼ばれる歯を覆う極めて薄い組織です。

歯周病は、初期状態では自覚症状がほとんどありません。

そのため、感染していても気付くことなく進行していくため、歯が抜け落ちるなどの深刻な事態に発展してしまうのです。