Back to top
セラミック治療の相談

セラミック治療の相談

ceramic consultation shika-tanaka.com

セラミックで作られたクラウンやインレーなどを使って虫歯の補修をする治療は、保険の対象にならない素材であるため、治療費が高めです。

色調がよく、透明性もあるので審美性が優れていますし、充分な強度と耐久性があり、吸水性がないので、変色することや嗜好品による着色がありません。

また、セラミックだけを使ったクラウンやインレーには金属の腐食による歯ぐきの変色や、金属アレルギーの心配がないので、大変人気があります。

ただし、硬度が高すぎる為、割れてしまったり、周囲の歯を傷つけてしまったりする恐れがあります。

また、普及し始めてからの期間が短いので、長期間に渡る予後の症例が少ないのが現状です。

虫歯の治療は、やり直すたびに基の歯を削られるので、無駄に治療を繰り返すことにより、歯の健康は損なわれていく恐れがあります。

差し歯の場合も詰め物の場合も、いろいろな治療法があり、医師の考え方や技術力にも差があります。

医師の考え方によって、治療法は変わってきますし、医師の技術力によって、仕上がりは大きく変わります。

治療を始めるまえに、差し歯や詰め物の素材による種類の違い、治療法などについての基本的な知識を勉強し、自分の歯の状況や経済的な状況について検討してください。

そして、歯科医とよく話し合い、納得のいく治療法を見つけることが大事です。

いきなり差し歯や詰め物の治療をするより、歯のクリーニングなどを受けてみて、信頼できそうな歯科医かどうか判断してからカウンセリングを受けても良いかもしれません。

過去の症例写真を見せてもらうこともできますし、仕上がりが気に入らなかった場合、どのような対応をしてもらえるのかということを聞いておくこともできます。

充分なカウンセリングを受け、治療をすることに決めた場合には、素材の確認、保障内容の確認をしっかりしておくようにしましょう。