Back to top

小児矯正歯科

受け口の小児矯正歯科治療

Little Girl Outdoors
一言に小児矯正と言っても、その症状によって矯正の方法も様々です。中でも受け口と呼ばれる症状で矯正を受ける人は非常に多く、その数は歯科矯正を受ける人の3分の1程度と言われています。

受け口は反対咬合とも呼ばれ、前歯の噛み合せが正常な状態と逆になる症状です。正常な状態では、上顎が下顎よりも前に出ていますが、受け口の人は下顎が前に出てしまっています。

受け口には、2種類の原因があると言われています。1つ目は骨格形成に問題がある場合です。骨格形成に問題がある場合、下顎が過度に発達したり上顎が発達不足であったりすることに原因があります。2つ目は、歯が通常より傾いて生えてしまったり、突出してしまっているという歯の生え方に問題がある場合です。

受け口の症状は、大半が矯正治療で治すことができます。矯正は、下顎の場合、奥歯を抜くことで下顎の前歯を内側に広げる方法で行います。また、上顎の発達不足による矯正は抜歯をする必要はなく、上顎の前歯を前に押し出す方法です。

また、幼児期の受け口にはムーシールドと呼ばれる器具を用いて治療を行います。ムーシールドは、プラスチックで出来たマウスガードで、就寝時に装着しているだけで自然と噛み合わせが改善します。

例外的に重度の受け口の症状が現れている人は、外科矯正を受ける必要がある場合があります。外科矯正は、下顎の骨を切断し、強制的に後ろに下げるという方法です。この場合は、入院が必要になり、術後も一定期間、腫れなどが残りますので、長期間の休養が必要となります。

受け口の症状が現れた場合でも、ごく小さい頃は自然と骨格や歯並びが変化していきますので、すぐに小児矯正が必要という訳ではありません。しかし、小学校に入学する時期になっても、受け口が治っていない場合は、医師とと相談の上、矯正を受けるか否か決定すると良いでしょう。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

Pediatric