Back to top

小児矯正歯科のメリット

Young boy outside正常な噛み合わせや歯並びは子どもの健全な発達を促すための重要な要素です。

そのため、これらに異常がある子どもが小さいうちに小児矯正を受けることで、様々なメリットがあります。

以下では、小児矯正を受けることのメリット、またデメリットについても説明していきます。

小児矯正の1つ目のメリットには、悪い噛み合わせや歯並びによる子どもの発達を阻害することを防ぐことができる点です。

上手く食べ物を噛むことができなかったり、発音が正確にできない状態で生活を続けていくと、顎や顔のゆがみだけでなく、肩など身体の色々な箇所の発達に悪影響を及ぼします。

早い段階で小児矯正を受けることで、こういった影響を少なくし、正常な身体の発達を促すことにつながります。

 

2つ目のメリットは、不揃いな歯並びや不自然な食べ方が改善されることによるコンプレックスの解消、メンタル面での安心を得ることができます。

特に子どもは、学校生活や子供同士の遊びなどを通じて多くの場面を経験することになります。

そういった際に、時として、正常でない歯並びが負担となってしまうことも少なくありません。

そうした子どもは、人前で笑うことや食事をすることが苦痛になってしまうことがあります。

このような負担を小児矯正によって改善することで、精神的にも安心した生活を送ることにつながるのです。

しかし、メリットがあれば必ずデメリットも存在します。

小児矯正のデメリットは、子どもの成長に合わせて治療を行うため期間が長くなってしまうこと、矯正器具の装着によって治療中の外見が悪くなってしまうことなどが挙げられます。

このように小児矯正は受けるメリットだけでなくデメリットを勘案して決定する必要があります。

しかし、小児矯正によるデメリットは一時的なものである場合が多いため、医師と相談し可能であれば矯正を受けることが望ましいと言えます。