Back to top

小児矯正歯科

出っ歯の小児矯正歯科治療

Hungry Boy at the Table
日本人は出っ歯の人が多いことが知られています。出っ歯は、噛み合わせが悪く食事を快適に楽しめなかったり、見た目を気にしてストレスが溜まってしまうといった弊害が多々あり、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。

出っ歯の原因には遺伝的要因も含まれるため、自身が出っ歯のせいで子どもにも影響を与えてしまうのではないかと心配している親御さんもいるようです。しかし、実は出っ歯は小さい頃に小児矯正を受けることで、抜歯などの必要が少なく、大半を改善することが可能なのです。

また、出っ歯を放置してしまうと子どもの成長に悪影響を与える場合もあります。出っ歯の状態が続くと、歯磨きをしても歯や口内を清潔に保つことが難しく、虫歯や歯周病などのリスクが高まります。加えて、前歯でしっかりと食べ物を噛むことができないため、奥歯へ負担がかかってしまい、顎の成長に異常をきたすケースなども見られます。

では、出っ歯とは実際どのような症状で、どんな矯正を行うのでしょうか?出っ歯は正式には上顎前突と呼ばれ、前歯が突出し正常な噛み合わせができない状態を指します。出っ歯の症例は2種類に分けられます。1つ目は、上顎の前歯が前方向に傾き過ぎて生えてしまっていることによる出っ歯です。2つ目は、上顎が下顎に比べ、過度に発達し前歯が突き出してしまっているように見える出っ歯です。

子どもの出っ歯の矯正は、大人のものと比較しソフトな方法を用います。先程も述べたように基本的に抜歯の必要はなく、奥歯を後ろ側に押しこむことで、突出した前歯を後ろに下げるスペースを確保することや骨格の正常な発達を促すといった治療を行います。

また、他の歯の異常と同様で、幼児期に出っ歯が発見されたからといってすぐに矯正が必要という訳ではありません。なぜならば、子どもの成長とともに自然と改善されるケースも少なくないためです。しかし、小学校の低学年から高学年になっても、症状の改善が見られない場合は一度、医師に相談してみると良いでしょう。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

Pediatric