Back to top

小児矯正歯科の期間

Mother and Daughter Hugging自分の子どもに矯正を受けさせたいけれど、治療期間がどの程度になるのかわからず、矯正を躊躇しているという親御さんもいるのではないでしょうか?

しかし、矯正は子どもの期間に行うことでより効果的な治療が期待できます。

そのため、歯並びや噛み合せで悩んでいる場合、先延ばしにするのではなく、早い段階で矯正を受けることが重要です。

一般的に小児矯正は小さい頃に行う一期治療とある程度、顎が成長した後に行う二期治療の2段階に分けられます。

一期治療と二期治療では、治療の目的・方法が異なるため、各治療の特徴を抑えておきましょう。

一期治療は、主に小学校の低学年から中学年の期間のうち1年から2年ほど治療することになります。

一期治療では、歯並び及び顎全体のバランスを整えることを目的に治療を行います。

具体的には、取り外し可能な器具を装着し顎の形、歯の位置を修正し、永久歯が正常に生える準備を行うといった治療が多くみられます。

二期治療は、主に小学校高学年から中学校在学中の期間のうち1年前後治療を行います。

二期治療の段階では、永久歯が生え揃っており、顎の成長はほとんど終了しています。

そのため、正常な歯並び及び噛み合わせ完成させることを目的に治療を行います。

治療内容は、ブラケットと呼ばれる器具とワイヤーを用いて、歯列を固定し歯を正常な位置に修正するといった治療が一般的です。

 

また、一期治療と二期治療の間は数年間、器具を使用せず経過観察を行います。

ただし、治療期間・方法は子どもの症状によって異ることも多々あります。

そのため、先述した通り治療が進む場合もあれば、予定より早く終了する場合や少し時間がかかってしまう場合もあります。

しかし、小さい頃にしっかり医師から診断を受けておくことで、治療の期間や結果に良い影響を与えますので、お子さんの歯並びなどで悩んでいる人は医師に相談するようにしましょう。