Back to top
ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

美しい白い歯は、口元を明るくし、若々しさを感じさせます。

しかし歯の色は、様々な原因によって色が変わってしまう事があります。

歯の着色の原因は人によって様々です。

先天性のものや食生活、加齢、薬物の影響などが原因となり、黄色や茶色の歯へ変色してしまいます。

先天性のものは、体質による歯の変色です。

食生活による変色では、コーヒーや紅茶のような色の濃い飲み物が着色の原因となります。

また喫煙も、歯の変色に影響を与えます。

このような原因によって黄色や茶色に変色した歯に対し、安全性が認められている薬剤を使用して白い歯へ戻して行きます。

ホワイトニングを始める前には、着色の原因を正しく把握する事が大切です。

歯の色が気になる場合は、歯科医師に相談してみましょう。

 

ホワイトニングを行う方法としては、主にホームホワイトニングとオフィスホワイトニングと呼ばれるものがあります。

ホームホワイトニングでは、濃度の低い漂白ジェルを使って白い歯にしていきます。

夜の就寝時間等を利用し、薬剤を入れたマウスピースをはめて歯を漂白します。

オフィスホワイトニングを行う場合は、高濃度の漂白ジェルを使用します。

オフィスホワイトニングを行う場合は、高濃度の漂白ジェルを使用します。

この場合、歯に高濃度の漂白ジェルを塗るので、即効性が期待できます。

注意すべき共通点としては、歯の治療による詰め物やクラウン等には効果がありません。

またホームホワイトニングという名前が付いていますが、一般の家庭用漂白剤とは異なるので、誤解しないように注意が必要です。

変色の原因によっては、それぞれホワイトニング効果が異なります。

他には、ラミネートベニヤを利用する方法などもあるので、まずは歯科医師に相談し、診断結果を踏まえてホワイトニング方法を選ぶ事が大切です。