Back to top

根の治療(根管治療)について

根の治療(根管治療)について

虫歯になると、プラークコントロールや詰め物や被せ物、差し歯で治療できる場合があります。この場合は比較的治療期間も短く、簡単に治療できるのですが、虫歯の炎症が進行すると「根の治療(根管治療)」が必要になります。根の治療とは、歯の歯槽(しそう)部(歯が歯ぐきにはまっている部分)にある、歯根の根管部の治療です。

about Root foundation1 about Root foundation2 about Root foundation3

 

虫歯は、歯の表面部のエナメル部が解け出して起こります。虫歯が進行して象牙質に達すると進行が加速し、歯髄にまで達していきます。歯髄が炎症をおこすと、根の治療が必要になるのです。
根管治療では、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防します。
根の治療には、「抜髄」という治療法と「感染根管治療」という2種類があります。抜髄は、歯髄の炎症部分を取り除くもので、歯髄の炎症がひどいけれども、まだ歯髄は死んでいない、というレベルの時に行うものです。感染根管治療は、歯髄が既に死んでしまっていて、根管を通じて感染が根の先までに至り、病巣(根尖病巣)ができているときに行うものです。感染根管治療の方が、治療期間も長く、治療費も高くなります。

しかし、根の治療かなり困難です。歯の根中は直接見ることがでません。形も病変の状況も人それぞれです。完全に細菌を取り除くことが非常に難しいのです。しかも細菌が残った状態で詰め物や被せ物をしてしまうと、後々になって、細菌が増殖して深刻なトラブルが発生することもあるからです。

根の治療は、炎症の進行状況や手術の方法などについてしっかりと歯科医の説明を聞き、信頼のできる歯科医に治療をお願いするようにしましょう。

 

医療法人社団歯科タナカの他医院情報

4dentalclinicshika

4dentalclinicshibuya

4dentalclinickugayama

4dentalclinicbottombanner

根の治療(根管治療)について