Back to top
虫歯について

虫歯について

<多くの人が経験したことのある「虫歯」。
虫歯は細菌が原因となって起きることは良く知られていますが、
実はその虫歯の原因の細菌感染は「幼少時に起きる」とされているのです。
つまり幼少時に感染をしなければ、虫歯になることは無いのです。
虫歯菌は母子間の感染が最も多いとされています。
その為各自治体などでは健診時に虫歯菌の母子感染の予防を呼びかけています。

とは言えすでに感染をしてしまったら、
後は虫歯の予防をしっかりとするしかありません。
虫歯の原因は歯の表面についている汚れ「プラーク」です。
このプラークの中に含まれている細菌が、
歯に付着している食べ物や糖分を酸に変えてしまうのです。
この「酸」によって歯が溶かされてしまうことで虫歯が起こります。
つまり「歯に付着した汚れをしっかりと落とすこと」が、
虫歯予防の最大のポイントともいえます。

しっかりと歯を磨いたつもりでも、
歯間ブラシを使ってみたら汚れが付着していた経験はありませんか。
歯磨きを丁寧にしているつもりでも磨きのこしは案外多い物です。
そこでキシリトールのガムを噛むことで虫歯の予防を推奨する病院が増えてきています。

キシリトールは唾液の分泌を促します。
唾液が沢山出ることによって、虫歯の原因になる酸を中和します。
そして「歯の再石灰化」を促進する効果があるのです。
フッ素の効果はよく知られていますが、
キシリトールを併せることによってより虫歯の予防を効果的にすることが出来ます。

虫歯は気が付いたら進行していたことが多い物。
小さい虫歯は自覚症状が現れることはほとんどありません。
早期発見・早期治療をするためにも、
定期的に健診を受けることを心がけて歯の状態を確認しましょう。

    虫歯の進行度1                                                                         虫歯の進行度2

      

    虫歯の進行度3                                                                         虫歯の進行度4