Back to top

入れ歯(義歯)について

部分入れ歯は、人工歯のついた床(しょう)を歯茎にのせて、残っている歯にクラスプと呼ばれる金具を引っ掛けます。

クラスプを引っ掛ける歯が1本でもあれば、部分入れ歯を装着できます。

歯が1本もなければ、総入れ歯になります。

部分入れ歯には保険内と保険外があります。

保険を適用できる素材には制限があります。

入れ歯の床はレジン等のプラスチック樹脂と決まっています。また、クラスプは金属と決まっています。

ですから、保険内の部分入れ歯はとてもシンプルな型になり、多少の違和感はありますが、費用が安いというメリットがあります。

一方、保険外の部分入れ歯は、審美性に優れていたり、耐久性を向上させたり、できるだけ装着の違和感を軽減したりと、工夫を凝らし、様々な種類があります。

その分、全額自費負担なので、コスト高になります。

 

例えば、コーヌス入れ歯、テレスコープ入れ歯にはクラスプがありません。

残った歯を加工して内冠とし、その上に外冠である入れ歯をはめます。

譬えて言えば、円筒形の茶筒の容器と蓋が重なり合うような具合です。

スマイルデンチャーは、スーパーポリアミドナイロン樹脂を素材とし、薄くて軽くて弾力のあるタイプです。

審美性は高水準で、笑ったときに入れ歯だと分からないという理由で名付けられました。

総入れ歯も同様に、保険内と保険外の両方があります。

保険内の場合は、入れ歯の床はプラスチック樹脂のみです。厚みがあるので、違和感があります。噛む力は弱いです。

安定感に欠けます。

でも、費用が安い点と、シンプルな型なので修理がしやすい点がメリットになります。

保険外の総入れ歯にはいろんな種類があります。

 

例えば、金属床義歯があります。文字通り、入れ歯の床の部分が金属製です。

薄い金属なので、装着の違和感は少ないです。

シリコン義歯は、床の一部がシリコン製です。

シリコンは柔軟性があります。

だから、入れ歯をはめて痛みが出ることはありません。

噛む力はあります。安定感も優れています。

デメリットは、汚れが付着しやすい点です。

 

主なアタッチメント義歯としては、マグネットを入れ歯に付けて、磁性金属を土台に付けて、入れ歯と土台を磁力でくっつけるマグネットアタッチメント義歯があります。

磁性金属を付ける歯が(歯根だけでも)残っている場合に可能です。

インプラント義歯では、まず骨にインプラントを埋め込む外科手術を行います。

そのインプラントを土台にして、入れ歯を装着します。

総入れ歯の中では最も安定感があり、噛む力も優れています。

保険外のどの総入れ歯を選択しても、金額差はあるものの、高額になります。