Back to top

小児矯正歯科費用

T小児矯正を検討している親御さんが心配することに費用がどの程度必要なのかということがあると思います。

治療の期間は数年間に及ぶことが多く、保険適用外のため高額になってしまうのではないかと考えている人も多いでしょう。

以下では、小児矯正にかかる費用について紹介します。

当然のことですが、小児矯正にかかる費用は個々人の歯の状態、顎の成長などによって大きく異なります。

一般的には一期治療・二期治療、経過観察期間など矯正にかかる費用全てを含めて約60万~120万円と言われています。

費用を細かく分類していくと、矯正治療費、歯科相談費、診察・診断費、経過観察費などに分けることができます。

また、医院によって異なりますが、治療中の歯の衛生を保つための指導、個別のプログラムのサービスを提供していることがあります。

そういった場合、その費用も必要となることがあります。

矯正治療費は、一期治療に30万~50万、二期治療に30万~70万程度の費用が必要となることが一般的です。

上記の通り、小児矯正は保険が適用されないため一般的な虫歯の治療などに比べ費用が多くかかってしまうことは事実です。

しかし、大切なお子さんの成長過程において、歯の悩みが大きな負担になってしまう可能性があることを考慮すると、早い段階での治療を検討することが望ましいと言えます。

 

また、小児矯正では保険適用や高額医療の制度は利用できませんが、医療費控除の対象とはなります。

医療費控除は、1月から12月までの期間で10万円以上の医療費を使用した場合に適応される制度です。

医療費控除が適応されることで、10万円を超えた費用のうち、家庭の所得税率に応じて、税金が還付されます。

医療費控除の制度は、確定申告をする必要がありますので、小児矯正で高額な費用がかかった場合は忘れずに行うようにしましょう。