Back to top

小児矯正歯科

小児矯正歯科

a little smiling girl against a white background
小さい頃、歯並びや噛み合せが悪く、大変な思いをした方も少なくないのではないでしょうか?

近年は、歯科医療技術が発達したこともあり、小さい頃から歯科矯正を行う方も多くみられるようになってきました。
もちろん、大人になってから歯科矯正を行う方も多くいらっしゃいます。しかし、可能であれば小さい頃に小児矯正を受けることでスムーズに治療が進むだけでなく、より充実した日常生活を送ることができます。

人間のあごは6歳~14歳の期間が発達期であると言われています。この期間、歯並びが悪い状態で過ごすことで、あごの発達に悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、あごの発達期に矯正を受けることで、あごの成長をコントロールしながら、正常な歯並びや噛み合わせに修正することが可能となります。

また、歯並びが悪い状態で生活を続けると、身体に異常をきたす場合があります。最も多く現れる異常は虫歯です。虫歯は歯並びが悪いことで歯と歯の間に隙間が多く、食べ物が挟まりやすくなってしまっていることが影響しています。この状態では、歯磨きをしても綺麗にしきれない箇所があり、虫歯となってしまいます。その他、しっかりと食べ物を噛むことができないことで、肩やあごなど上半身に不調をきたすことが知られています。

加えて、歯並びが悪いことは身体面だけでなく、精神面にも悪影響を与えてしまう場合があります。子どもは感性が過敏ですので、歯並びが悪いことを気に病み友達付き合いや学校へ通うことがストレスとなってしまうケースが多くみられるのです。

このように歯並びが悪い状態を放置しておくことで、様々な面から子どもの健全な成長を妨げてしまうことになります。また、小児矯正は大人になってから矯正を行うより費用が安く済むケースも多いため、早い段階での治療をオススメします。

Pediatric