Back to top

オールオン4とインプラント

all on 4 implantインプラントとは、失ってしまった歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込む治療方法です。

インプラントには様々な術式や方式があります。

その一つがオールオン4です。主に、歯が1本も無い人に適したインプラント方法です。

歯が残っていない顎に、4本のインプラントを埋入し、4本を支えに、上•下顎いずれか一方の全部の歯を指示し固定する方法です。

歯がわずかでも残っている場合には、抜かなくてはいけません。

 

従来のインプラントでは、失ってしまった歯の本数に近い、多数のインプラントを埋入しなければなりませんでした。

オールオン4は、4本のインプラントで多数の人工歯を固定する治療方法です。

インプラントの埋入箇所が少なくて済みますので、患者様の費用や、手術回数•時間の負担が大幅に軽減されます。

 

従来のインプラントで、顎の骨の量が少なく、適応にならなかった患者様も、オールオン4でしたら施術が可能になる場合があります。

 

例えば、上の顎の骨の作りは、下の顎に比べて軟らかくもろいとされています。

ですから、埋め込んだインプラントに力の負担がかかりにくいよう、1本の歯につき、1本のインプラントを埋入する場合がとても多かったのです。

しかし、オールオン4の場合は長いインプラントを4本埋入しますので、軟らかい骨の部分を避け、固い骨の部分をねらって埋入することができます。

そして、出来るだけ力の負担が少なくなるよう、熟練した歯科医師が4本にバランスよく力が加わるように、噛み合わせの力の方向を考慮し、斜めに埋入していきます。

 

また、従来のインプラントで、顎の骨量が少ない場合に、顎骨の移植をしなくてはならない場合や、顎骨の再生療法を行わなくてはならない場合がありました。

そういった場合には、それだけ高価にもなり、時間もかかります。

オールオン4では、そういった治療方法をする必要がありません。

ただし、4本の長いインプラントを斜めに埋入するという、難しい処置であることから、熟練した技術が必要だという考え方もあります。

インプラント治療には様々な方法がありますから、歯科医師とよく相談した上で、適切なインプラント治療を選ぶことが大切です。