Back to top

オールオン4のメリット

Teen Girl (15-17) Biting into a Green Appleオールオン4は、4本のインプラントを顎の骨に埋め込むだけで、歯全体を固定できる義歯にすることができる治療方法です。

オールオン4のメリットは、従来のインプラント治療と比較して、埋入するインプラトの本数が圧倒的に少なくて済むことにあります。

今まで、総入れ歯の場合は、上•下顎、どちらか一方だけで、8本〜10本のインプラントを入れなければなりませんでした。

オールオン4は、それが4本で済みます。ですから、費用を含めた患者様の負担が大幅に少なくなります。半額とまではいきませんが、3分の2程度以下になります。

 

インプラント埋入箇所が少なくなることによって、手術の回数や時間も短くて済みます。

また、術後の痛みや腫れも少なくなります。

今まで多くのインプラントを埋入しなければならない場合には、顎の骨の量が足りないと適応になりませんでした。

ところが、オールオン4の場合は、4箇所のインプラントの埋入ですみますので、骨量が多い部分をねらって埋め込むことができます。

埋入部位は、熟練した歯科医師の判断が必要ですが、今まではインプラント治療を諦めていた方も、オールオン4なら適応になることもあり得ます。

総入れ歯と比較すると、使用感は圧倒的に快適になります。

入れ歯は粘膜で固定しますので、ぐらつきや不適合による痛みが生じやすい欠点がありますが、オールオン4でしたら、ご自分の歯と変わりなく使用することができます。

総入れ歯は、噛む力が非常に弱くなります。

天然の歯と比較すると半分以下になるとも言われています。オールオン4はインプラントで顎の骨と一体化しているので、噛み心地は、天然の歯とほとんど変わりません。

装着する人工歯も、総入れ歯と比較すると、とても面積が小さくなります。

装着感も天然の歯に近くなります。

また、審美的にもよく、天然の歯のようです。日頃、会話をしたり、食事をしていても、一般の方でしたら、見分けられないでしょう。