Back to top
インプラント

インプラント治療後のメンテナンス

インプラントを行った後は、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。

インプラントの手術は、口の中とは言え、歯槽骨を削ったり歯肉を切ったりして大がかりな手術です。

そのため、菌が繁殖して体内に侵入してしまうと、大変なことになりかねません。

また、歯肉炎や歯周病などが起これば、せっかくインプラントした部分の歯槽骨が溶けたり土台が柔らかくなったりしてしまい、インプラントが抜けてしまう恐れがあります。

まずは、自宅で簡単に出来るブラッシングを欠かさない事が大切です。

虫歯予防に歯磨きをするように、口内環境を守るためには、口の中に余計な菌を残しておかないことが大事です。

また、自宅でのメンテナンスに加え、定期的にクリニックへ通い、検査をしてもらうことが必要です。

術後のクリニックでのメンテナンスでは、患部が炎症を起こしていないか、また人工の歯がゆるんでいないかなどを入念に調べます。

かみ合わせが変わっていないかなどもしっかりと調べます。

自宅でのケアが足りない場合は、そのアドバイスなどもしてくれます。

患部に異常がないかをチェックした後は、きれいにクリーニングを行います。普段の歯磨きなどでは手が届かない細かい部分まで、入念にきれいにしていきます。

インプラントした部分を中心にきれいにすることで、インプラント周辺の歯を守ることにも繋がります。

クリニックでメンテナンスを行うタイミングは、術後1年間は、数か月に1度見てもらいましょう。

ここで問題がなければ、2年目以降は1年に1度程度で十分です。術後に何の痛みもないからと言って、メンテナンスをせずに放っておく事だけは避けましょう。