Back to top

歯ぎしり

歯ぎしり治療の料金

歯科医院での治療でまず気になるのは健康保険が適用される治療かどうかということですね。

歯ぎしりの治療は原則的に健康保険が適用されます。マウスピースも保険で作れます。材料によって少し値段が違いますが、3割負担の人で自己負担は五千円前後です。歯ぎしり治療のためのレントゲン撮影などももちろん健康保険の対象です。

マウスピースは入れ歯ほど何年ももつものではありません。歯ぎしりの程度によりますが、半年に1回くらいの作りかえは考えておかなければなりません。

ストレスが原因と考えられるときは精神安定剤が処方されることがあります。これにも健康保険が適用されます。

d

しかし歯ぎしりを治療するための矯正治療・手術は健康保険が適用されません。費用はどの程度の矯正かによって大きく異なりますが、数十万円から百万円を超す場合もあります。もちろんそういう場合は費用についての事前説明があり、施術の前に契約書をかわすのが通常です。

以前に入れたインプラントが歯ぎしりが原因で不具合を起こしているというようなケースでは、やり直すためにかなりの費用がかかる場合があります。矯正や入れ歯の再治療をふくむ歯並びの治療では、詳しく検査してからでないと具体的な治療費の額はわかりません。

歯科に限りませんが、病院での治療は医師との相性がたいせつです。言いたいことがあっても言いだしづらい医師とは相性がわるいと思った方がぶなんです。後悔したりあとあとトラブルになるのはこういうケースが多いからです。

「あの医者はすぐ抜きたがる」というようなよくある歯科医についての評判は患者さんの勘ちがいのことも多いのですが、医院によってどういう治療を選ぶかという傾向はたしかにあります。よく説明を聞いて納得したうえで治療をうけるようにしましょう。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

歯ぎしり