Back to top
虫歯について

虫歯の症状

Carius symptom「初期の虫歯は自覚症状がない」とよく言われますが、実際に痛みを感じる頃になると虫歯は進行しているものです。
C0と呼ばれる虫歯の初期の状態では、歯の再石灰化を促すことで症状の進行を防ぐことが可能です。
リカルデントの配合されたガム等で再石灰化を促しましょう。

歯の一部黒くなってしまったら、再石灰化はもうほとんど期待することが出来ないと言えます。
けれどもこの時点でもまだ痛みを感じることはあまりありません。
「歯が黒くなってしまっていても自覚症状がほとんどない」のです。
つまり気を付けてチェックしていないと、
気が付かないうちに虫歯がどんどん進行してしまうのです。

 

虫歯の進行を防ぐためにできること

定期検診を受ける飲み物がしみたり痛みを感じるようになった時点で、象牙質まで虫歯が進行してしまっています。
自覚症状があらわれて初めて虫歯だと気が付く方が多いと思います。
そこで大切なことがすぐに病院に行くことです。
虫歯がどんどん進行してしまうと、神経が死んでしまって口の中だけではなく細菌が身体まで進入して炎症を起こすこともあります。
また歯の根の先まで虫歯菌が進んでしまっていると、完全に虫歯菌を取り除くことは難しく、再発を繰り返してしまう可能性もあります。

自覚症状がないうちに虫歯の治療を行ってしまえば、虫歯の進行を防ぐことが出来ます。
自覚症状のない虫歯って気が付きにくい物ですよね。
普段から気を付けて口の中を鏡などでみる習慣をつけましょう。
また定期的な健診を受けることも非常に大切です。
普段から相談できるかかりつけ医を持つことで、適切な治療と指導を受けることが出来ます。
虫歯の予防はブラッシングや日常生活の改善も大切なポイントの1つです。
かかりつけ医の指導を受けることで、虫歯を予防して症状が進行しないうちに治療を受けることが可能になります。