Back to top

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因は何かを考えるとき参考にしたいのは「どれくらいの人が歯ぎしりをしているのか」ということです。

データをとりにくい事柄なのではっきりしたことはわかりませんが、8パーセントくらいの人が毎晩習慣的に歯ぎしりする、という研究があります。

かなりいるとも言える、案外少ないともいえる微妙な数字ですが、一方で歯ぎしりをしたことがないという人はいません。

だとすると歯ぎしりの原因は何かというより、人はどうして歯ぎしりをするのかと考えた方がよいのかもしれません。

歯ぎしりの原因は「科学的にはまだはっきりしていない」ということになっていますが、多かれ少なかれみんながするものだとしたら、将来医学が進めばはっきりするという問題でもなさそうです。

多くの場合精神的なストレスが歯ぎしりに関係している点では研究者の意見が一致しています。

ストレスにともなう反射作用ともいえるし、ストレスを解消するための生理作用ともいえます。

これは「悲しさ」と「涙」の関係に似ていますね。

そうすると寝ているときに無意識にする歯ぎしりは、昼間のストレスの解消ということになります。

ストレスの大きい人がみな歯ぎしりをするわけではないので、人によって解消のしかたが違うということなのでしょう。

性格的に負けず嫌いで競争心の強い人に歯ぎしりが多い、などいろいろいわれていますがこのような見解に確たる根拠はなさそうです。

逆流性胃腸炎で食道に胃酸が逆流したとき歯ぎしりが起きる、というのは最近注目されている新しい研究です。

歯ぎしりしたときに唾液が分泌されて、胃酸を胃にもどすはたらきをしているというのです。

このほかアルコールやニコチン、カフェインで歯ぎしりの頻度が増えるというデータがありますが、歯ぎしりの直接の原因とはいえません。

まれに歯のかみ合わせのわるさや歯並びが原因になっていることがあります。

入れ歯の不具合でかみ合わせが悪くなっているケースもあります。

これらは歯科医で精密検査を受けることで治療の方策が見つかることもあります。