Back to top
歯周病の治療

about perio

歯周病の治療

 

歯周病の予防をしっかりと行なっていても、残念なことに歯周病にかかってしまうというケースも少なくありません。しかし、歯周病は早期に医師から適切な指導・治療を受けることで完治させることも十分に可能です。その半面、治療が遅れてしまうと最悪の場合、歯が抜け落ちることにつながりますので、異常を感じたらすぐに医院に行くことが望ましいでしょう。

 

perio treatment1
perio treatment2

 

以下では、歯周病にかかってしまった場合のどんな治療方法があるかをみていきます。

 

歯周病の予防及び治療で、最も基本となりかつ重要な方法はプラーク・コントロールです。プラーク・コントロールは、歯周病を引き起こす原因であるプラークを除去・抑制する方法となります。日々の歯磨きを適切に行なってさえいれば、プラークを抑え歯周病を防ぐことができると考える方もいますが、これだけでは十分と言えない場合も多々あります。こういった場合には、プラーク・コントロール専用の道具を利用することになります。

 

また、歯周病が進行した状態では、自身で行うプラーク・コントロールに限界があるケースもみられます。この場合、医師から治療をしてもらう必要があります。具体的には、スケーリング・ルートプレーニングと呼ばれる治療、抗生物質による治療などが挙げられます。

 

スケーリング・ルートプレーニングとは、歯周病が進行しプラークが歯周ポケット奥深くまで潜り込んでしまい、歯ブラシ歯間ブラシで除去できない場合に行う治療です。この治療を行うことで、プラークを一時的に除去し歯周ポケットの深さを浅くすることが可能となります。

 

抗生物質により治療は、歯周病の原因である細菌を抗生物質を服用することで、退治していくことができます。

 

その他にも、習慣・癖を改善や噛み合わせの改善といった様々な治療があります。ただし、前述したように最も重要な治療法は自身でのプラーク・コントロールですので、その点をしっかり抑えておく必要があります。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

perio