Back to top

口臭の原因について

Breath cause口臭には、色々な原因が考えられます。

慢性的なもので病的口臭と言われるものや、一時的なもので生理的口臭と言われるものがあります。

慢性的な病的口臭とは、口の中で何らかの問題があり、それが臭いの原因となっている場合です。

まず歯の汚れが原因となっている場合があります。

歯垢や歯石が原因となり、細菌が繁殖して口臭となります。

毎日歯磨きしているのになぜか臭うという人は、磨き残しがないか確認してみてください。

歯磨きは自分で行うものなので、いつの間にか自己流で磨いている人も多いものです。

歯磨きをする際は、歯ブラシの先が歯にきちんと当たっているか、注意しながら磨くと良いでしょう。

また虫歯の穴や、歯周病ポケットに汚れがたまっているような場合は、口臭が強く臭ってしまいます。

健康の為にも早めに治療をしておきましょう。

他には、腸や胃の病気などが口臭の原因となる場合もあります。

 

また一時的な生理的口臭については、次のような原因があります。

飲食が原因となる場合は、臭いの強い食材などが原因となります。

例えばネギやニンニク、アルコール、コーヒーなどが挙げられます。

またタバコの臭いも口臭の原因となります。

 

この他には、強いストレスや睡眠不足が原因となる場合もあります

このような場合、唾液の分泌量が少なくなって口が渇きやすくなり、細菌が繁殖して口臭となります。

また唾液の量が少なくなると、舌の部分にも汚れがたまり易くなります。

口臭が気になる場合は、舌が汚れていないか確認してみましょう。

このように口臭には様々な原因が考えられますが、まずは正しい診断が大切です。

口臭の原因を調べる際には、自己診断では難しいものもあります。

口臭が気になって悩んでいる人は、正しい治療の為にも早めに歯科医に相談してみましょう。