Back to top

口臭と唾液の関係性

What have I gotten into
口臭には、唾液の量が関係している場合があります。

唾液の量というと、あまり意識して感じていない人も多いと思いますが、唾液の量が少なくなると口の中が不衛生になってしまいます。

例えば、緊張して口が渇くような時があります。

このような時は、確かに口の中の唾液の量が少なくなっています。

唾液の量が少なくなると言うと不思議に感じる人もいると思いますが、精神的な変化が生じる事により、身体が反応して唾液の量に影響を与えています。

口が渇くと感じる時には、唾液が少なくなっている証拠なので、このような時は口臭が強くなってしまいます。

唾液は、細菌の繁殖を抑える役割を持っているので、このような現象は誰にとっても自然なことです。

またストレス以外でも、唾液の量が少なくなる時があります。

例えば、起床時は口臭を感じやすく、これは唾液の量が関係しています。

また空腹時も唾液の量が少なくなり、口臭を感じやすくなります。

このような時は、唾液の量が減少した為に口の中を洗浄する力や、細菌の繁殖を押さえる力が減って口臭を感じやすくさせてしまっているのです。

また年齢による唾液の減少も口臭に影響を与えます。

高齢になると唾液の量が減ってしまう傾向があり、口の中が不衛生になりやすい為、注意が必要です。

また入れ歯などにも細菌が繁殖しやすく、その上、加齢による唾液の減少が重なるので、口臭の原因になります。

口から食べ物を食べられなくなってしまったような場合でも、口の中には汚れがたまってしまいます。

口臭が気になるような時には、舌の部分に汚れがたまっていないか確認してみましょう。

口が渇きやすくなったり、口臭が気になるような場合には、医療機関で相談してみましょう。