Back to top
乳歯(小児歯科)の生え変わり

乳歯(小児歯科)の生え変わり

乳歯(小児歯科)の生え変わり

Sisters Brushing Teeth

お子様の歯の生え変わる時期は、だいたい6歳前後から下の前歯が抜けます。そして、左右同時期に起こることが多いです。抜け方や生え変わりの時期は個人差がありますので、これはだいたいの目安となります。

通常は、歯の生え変わりの時期になると、乳歯の奥(歯茎の下)から永久歯が成長をはじめ生えてくると、押し上げられた乳歯が抜け落ちます。永久歯が生えてくる時期になっても抜けない場合は、何かしらの原因があることもありますので、信用のおける小児歯科に相談してみることをお勧めします。

いくつかの原因を例に挙げてみます。欠損歯といって、乳歯の下に待機しているはずの永久歯が元々備わっていない場合があります。これとは逆に、乳歯は抜けてそれに対応する永久歯が生えてこない、レントゲン写真を撮って確認してみると、抜けた乳歯の後に十分なスペースが無いため生えてくることができない場合もあります。この場合、放っておくと変な場所から生えてくることもありますので注意が必要です。

このように、生えてこない原因を見ただけでも、全く違った原因があることが分かります。どちらにしても、小児歯科に相談してその後の対応を検討した方が良いようです。

また、生え方によっては、これはあくまで経過を見ながらですが、歯科矯正などを考える必要性も出てきます。

生え変わりの時期というと、小さな子供の頃というイメージがありますが、意外かもしれませんが、実際は20歳前後まで生え揃っている状態ではないのです。乳歯が抜け永久歯が生えていても、完全に生えてしまっていないということなのです。これだけを見ても、幼いころから成人を迎えるまでの期間に、歯のメンテナンスが重要であるということは明らかな事です。大きくなったからといって、メンテナンスを怠らず定期検診を受けることをお勧めします。この期間であっても、小児歯科での受診は可能です。


医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

小児歯科について