Back to top

歯並びの種類

矯正治療が必要となる、代表的な歯並びの種類について御紹介します。

まずは、出っ歯と呼ばれる上顎前突について御説明します。

出っ歯とは、上の前歯などが前方へ突き出ている状態を言います。

前方に突き出している分、目立ちやすく、外側から見た口元も口を尖らせたように突き出た形になっている場合もあります。

また下あごの位置によって、上下の歯を噛み合わせた時に出っ歯に見えてしまう場合もあります。

次に、受け口と呼ばれる反対咬合について御説明します。

受け口とは、下の歯が上の歯よりも前へ出ている噛み合わせです。

歯やあごの上下のバランスによって、このような噛み合わせとなってしまう場合があり、きちんと噛めない、話しにくいといった問題が生じます。

次に、八重歯や乱ぐい歯について御説明します。

八重歯は、糸切り歯が歯並びから飛び出ている状態を言います。

日本では気にしない方も多くいますが、欧米では好まれません。

また歯並びが整わずボコボコした乱れた歯の並び方を、乱ぐい歯と言います。

乱ぐい歯の問題点は、歯が均一に並んでいない為、歯磨きの磨き残しなどがあります。

 

次に開咬について御説明します。

開咬とは、上下の歯を噛み合わせた状態でも、前歯が噛み合わない形です。

前歯で上手く噛めないなど問題が生じ、また正しい発音ができない事もあります。

 

最後に顎変形症について御説明します。

顎変形症とは、ひどい噛み合わせや、あごの変形によって外科手術が必要となる時もあり、あごの痛みなど深刻な問題が生じている場合があります。

 

以上、代表的な歯並びについて御説明しましたが、例えどのような形の歯並びでも、人によって、それぞれ症状や問題点が異なる為、治療前に事前検査や相談が必要となります。