Back to top

見えない矯正歯科

C最近、見えない矯正を希望される方が増えています。

かつては、銀色の矯正装置を使用した矯正治療方法が一般的でしたが、矯正装置を付けた見た目を気にして、見えない矯正を希望される方が多いようです。

欧米などでは、矯正装置の見た目をあまり気にしないようですが、日本では、見えない矯正治療を希望する方が増えて来ました。

現在では、見えない矯正歯科治療も色々な治療法があります。

銀色の矯正装置の見た目を気にして矯正治療を諦めていた人にとっては、良い時代になったと言えると思います。

 

まず見えない矯正歯科治療としては、歯の裏側を利用する矯正方法があります。

これは舌側矯正や裏側矯正と呼ばれるものです。

通常の歯科矯正では、歯の表側に矯正装置を付けますが、この見えない矯正歯科治療では、表側に矯正装置を付けません。

歯の裏側(舌側)に付ける事によって、正面から全く見えないような矯正装置の付け方が可能になりました。

矯正装置の見た目を気にしなくて良い為、成人になってから矯正を始める方には好評です。

また御仕事の関係上、接客業の方にもお勧めです。

歯の裏側に付けると聞くと、少し不安に思う方もいるようですが、表側につける場合と大きく異なる点はありません。

慣れるまでは少ししゃべりにくいといった事もありますが、すぐに口の中の感覚にも慣れるので心配は要りません。

治療の進め方も、表側から行う矯正治療とほぼ同じです。

定期的に通院して頂き、歯のバランスや噛み合わせを確認しながら治療を進めて行きます。

矯正装置が気になる方や、見た目を重視される方には、一度、目立たない矯正治療法や矯正装置を見て頂きたいと思います。

銀色の矯正装置に抵抗があった方には、お勧めです。