渋谷区宮益坂の歯科|歯医者 入れ歯,インプラント,審美歯科,
ホワイトニング,小児歯科,口腔外科,矯正歯科

TEL

土日も診療可能! 平日夜21時まで診療
平日 10:00~21:00 土・日 10:00~18:30

03-3407-8503 月 - 金:10:00-13:30 / 15:00-21:00
土・日:10:00-13:30 / 14:30-18:30休診日 祝祭日のみ
初診のご予約 お問い合わせはこちら

レントゲンを撮る理由として

渋谷駅から
徒歩1分

歯医者さんに来て、レントゲンを撮りましょうと言われた事がある方はたくさんいると思います。

本当にレントゲンって必要なの?体に影響はあるの?と不安に思う方も多いかもしれません。

ではレントゲンは何のために撮るのでしょうか。

レントゲンを撮る理由として・・・

虫歯の有無を確認する。

→ 特に一度修復したあとの二次的な虫歯は発見が困難です。

こういう時にレントゲンが大活躍します。

虫歯の範囲を知る。

 

→一言で虫歯と言っても、小さなものと大きなものでは治療法は異なります。

治療に入る前に状態の説明をするという意味でも、大切な情報になります。

術前に全く説明もなく処置を始めてしまうと不安になりますよね。

歯の埋まっている骨の状態を知る。

Weisheitszahn 2→まず、歯は顎の骨に埋まっています。

虫歯が歯の奥の方まで進行したり、歯周病が進行していたりすると、その骨は溶けていってしまいます。

骨が溶けている場合に適切な対応は状況によって変わります。

レントゲンの情報なしでは原因を突き止めることは難しくなります。

腫瘍が見つかる場合がある。

→顎の骨が虫歯や歯周病などと関係なく破壊されているケースが稀にあります。

原因は顎骨にできる腫瘍など様々ですが若者でも高齢者でも一定の確率でそのようなことがあるのです。

早期発見できれば治療の侵襲が小さくて済む可能性もあります。

状態が悪いと下顎を半分切除・・・なんてこともあります。

いくつか挙げましたが他にも目的はたくさんあります。

規模は違うとはいえ、歯を削るというのは人間の身体の一部を傷つける行為です。

ですから、治療前の説明は十分に行うべきですし、適切な治療を行うためにレントゲン診査は必要になります。

また、レントゲンには大きく撮影するパノラマ写真と、小さく撮影するデンタル写真があります

X-ray scan of humans teeth●パノラマ写真を撮る目的は、歯や骨、顎関節の異常、親知らずの有無や埋もれ具合、上顎洞の状態などさまざまな情報を得るためです。

治療を開始する前などに口の中全体の状態を把握したい時や、親知らずや骨の奥深くなど小さなレントゲンでは写すことのできない部分を見たい場合に撮られます。

●デンタル写真を撮る目的は、特定の歯の虫歯や骨の状態をより詳しく知りたい時、治療中の歯の経過を詳しく確認したい時などに撮られます。

ここでよく質問されるのが被曝量です。

参考までに、

● 我々が普通に生活していて自然から受ける放射線の被曝量(世界平均)
→ 2.4ミリシーベルト

● 歯科で主に用いるレントゲン写真撮影1回の被曝量
→ 0.01〜0.02ミリシーベルト

いかがでしたか?

fotolia_34023516_xs歯科医院のレントゲン撮影の際に受ける被爆量がいかに少ないかがわかると思います。

最近ではデジタルのエックス線撮影で行われている医院が多いので、被ばくは以前よりはより少なくなっています。

虫歯や歯周病の程度を知るためにも、レントゲン写真はとても重要な情報です。

やみくもに歯を削ったりする前に、どのような状況になっているかの確認が必要なのはいうまでもありません。

これからも皆様が歯科医院でレントゲン撮影を頼まれても、安心して臨めることを祈っています。

アクセス ACCESS

〒 150-0002
東京都渋谷区渋谷1-14-9 藤和宮益坂ビル6F

  • JR 渋谷駅
    東急東横線 渋谷駅 【東口 徒歩1分】
  • TEL 03-3407-8503

診療カレンダー CALENDER