Back to top
インプラント

インプラントの構造

implant structureインプラントは、無くしてしまった歯の部分に人工の歯を埋め込む治療法の一つです。

インプラントが開発される前まではさし歯が利用されていましたが、インプラントの方が定着率や強度、安定性などが優れており、最近ではインプラントをする人が増えてきています。

ここでは、インプラントの構造についてご説明します。

インプラントの構造は、大きくわけて3つの部分に分けられます。

一つは歯の根元の部分であるフィクスチャー(歯根部)です。

フィクスチャーは歯茎の中にある歯槽骨に埋め込まれる部位で、チタン或いはチタン合金でできています。

チタンは、生体親和性が高いことが証明されており、金属アレルギーの方でも安心して埋め込むことができる金属です。

二つ目は、アバットメントと呼ばれる支台部です。

フィクスチャーの上部に繋げて取りつけられる部分で、歯の代わりとなるセラミックとフィクスチャーを連結させる役割があります。

主にフィクスチャーと同様の素材を使用し、チタン合金が使われますが、ジルコニア製品や、見た目がきれいなセラミック製の製品もあります。

三つ目は、上部構造補綴物、つまり、人工歯の部分です。

まるで本物の歯のような形に作られたセラミックは、アバットメントを覆うようにして取りつけられます。

白い素材が殆どですが、内側に金属の色を隠すようにセラミック材がコーティングされているメタルボンドと、全て表面部分と同じ素材でできているオールセラミックスの2種類があります。

オールセラミックスはメタルボンドよりも安価ですが、若干透過性があるため、内側のアバットメントの色が見えてしまうため、気になる人はメタルボンドをお勧めします。