Back to top

Implant

歯科インプラントの治療期間

A concrete path cutting through a lawn

インプラントの治療期間は、治療方法によっても異なりますが、一般的には3ケ月から1年間と言われています。骨が薄かったり小さかったりする場合は、骨を追加したり造ったりする必要がありますので、その場合はさらに半年程の期間が必要です。人の体は人それぞれですから、口の中の状態も人によってまちまちです。インプラントが出来る状態かどうかも人によって異なりますし、歯槽骨の厚みや大きさも異なります。そのため、治療期間なども人によって変わってきますので、上記の期間はあくまで目安です。治療を受けるまえの検査で自分の状態をしっかり把握し、自分の望む歯にするためにはどのくらいの金額と時間がかかるのかを、医師としっかり話し合うことが必要です。

インプラントの2回法では、骨がない場合は骨を造り、手術で骨にフィクスチャーを埋め込みます。その後、安定したら人工歯をかぶせ、治療が完了します。フィクスチャーを埋め込む手術を行った後は、骨とフィクスチャーをしっかり結合させるため、3ケ月から6ケ月程の期間安静にする必要があります。1回法にはこの安静期間がないため、2回法よりも数カ月早く終わります。簡潔にインプラントを済ませたい人や、体にあまり負担をかけたくない人に適しています。

インプラントの治療が完了する期間は3ケ月から1年間というご説明をしましたが、その後も定期的にクリニックへ通い、メンテナンスを受ける必要があります。このメンテナンスも治療の一環ですので、怠らずに必ず受けましょう。メンテナンスをきちんと行わないと、歯周病になったり噛み合わせが悪くなったりしてしまいます。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

インプラント