Back to top
インプラント

インプラント治療の術前検査

implant inspectionインプラントを行う前は、カウンセリングの他、口の中の状態が健康かどうかの検査を行います。特に血を採ったりするようなことはなく、簡単で楽な検査です。

検査の種類ですが、歯のレントゲン撮影、歯周ポケットの深さの測定、噛み合わせの検査、CT撮影などがあります。

歯のレントゲン撮影は、鼻の下部から顎にかけての像を撮るものと、インプラントを行う歯にフォーカスして、周辺の歯数本と共に移すものがあります。

歯槽骨がどの程度の厚みがあるのか、噛み合わせは正常かを調べ、インプラントが十分に埋め込める状態かどうかを調べます。

歯周ポケットの深さの測定は、歯周病が進行していないかどうかのチェックのために行われます。

噛み合わせの検査も重要で、インプラントを入れた際に、きれいな噛み合わせになるようにするため、手術前の位置や状態を知っておく必要があります。

また、歯の型どりもこの時点で行い、どのような大きさで、どの角度で埋め込むのかを計算できるようにします。

このように、インプラント手術前の検査では、手術自体に耐えうる体なのかどうかを調べるだけでなく、手術する場合にどのような位置でどのような形の歯を埋め込むのかなどを決めるためのデータを集めたりもしています。

手術前の検査をクリアしなかった場合、その原因を一つずつ解決していきます。

虫歯があった場合などもその治療が優先となりますので、口の中は健康な状態でなければいけません。

インプラントをしたいからと言って、すぐにはできないというのがお分かりいただけたかと思います。

常日頃のお手入れの積み重ねが、治療費や治療期間を軽減することに繋がりますね。