Back to top
インプラント

歯科インプラントの失敗

implant failインプラントは、ひと昔まえまでは少数のクリニックでしか治療を受けることができませんでしたが、最近では多くのクリニックで対応できるようになっており、より多くの患者様が気持ちの良い歯へ変えられるようになってきています。

歓びの声が増える一方で、手術の際の事故や術後のトラブルなども多数報告されています。

失敗の主な原因は、患者様のメンテナンスが不十分な場合にも起こりえますが、そのほかに、医者側に起因するものも多くあります。

例えば、噛み合わせが悪くなったり、神経麻痺が残ってしまったりする例もあります。

埋め込みに失敗したインプラントは、抜いた後半年程おけば、改めてインプラント手術をすることが可能です。

しかし、神経がやられてしまうと、軽度なものは治りますが、重度のものは一生麻痺が残ったりすることがあります。

また、場合によっては顎の骨を削った際に動脈を一緒に傷つけてしまい、出血多量が原因で死に至るケースもありました。

これらは、全て医師の知識不足や経験不足が原因です。

インプラント手術には、歯の構造だけでなく、歯周辺の神経系の知識や、手術のテクニックも必要です。

手術料金が安いからと言ってお願いしたら、半年もせずに折れてしまった、などという結果に陥ってしまったら、元も子もありません。

インプラント治療を受けるクリニック選びは、金額よりも信頼できる医師がいるかどうかで判断することが大事です。

インプラントについて多少なりとも知識を付け、どのようなリスクがあるのかを十分に理解した上でクリニック選びをするのが良いでしょう。