Back to top

メタルフリー治療

金属を使わないメタルフリー治療

銀歯がきになる
メタルフリーという治療を聞いたことがありますか?歯の治療といえば、差し歯、入れ歯、かぶせ物、詰め物、銀歯などといった方法を思い出されるかと思います。
いわゆる銀歯からも想像できるように、従来歯の治療では金属が良く利用されてきました。アマルガムやコバルトクロムなどの金属は比較的安価であり、お口の中で安定していると言われているからです。
近年、メタルフリーといわれる治療が着々と歯科治療の中でシェアを広げてきています。これは、金属を使わずに行う治療です。

メタルフリー治療について(保険適用になるか)

20121205122012024
歯科治療で銀歯に代表される金属が使用されているのは、安価であるこから多くの保険診療で使用する金属に指定されているためです。

メタルフリー治療は、残念ながらまだすべてが保険診療の範囲に含まれているのではありません。

歯の詰め物をする際には、金属のアマルガムやインレーという詰め物が主流でしたが、歯科材料の進化により歯に似た色合いを再現できるコンポジットレジンやセラミックといったメタルフリーの材料を選択することができるようになってきました。

コンポジットレジンを詰める治療では、治療個所によっては、保険適用で歯の色に近いものを詰めることができます。

よりお口の中で安定した材料であるセラミックなどは、まだ保険外の治療となっています。



メタルフリー治療の代表例と言えるのが、かぶせ物の治療です。

メタルフリー治療で、歯にかぶせ物をする場合、まずは土台が重要となります。

歯の神経まで虫歯が達してしまった場合には、土台を金属以外のファイバーコアと呼ばれる歯に似た強度の素材で土台を作ります。

強度が歯と似ているということは、力をいれてかみしめた場合や、毎日の食事で歯に力がかかった場合に、歯と同じようにたわむことができるので、金属の土台と比べて、治療後に歯が折れることが少なくなります。

土台に上には、かぶせ物が必要となりますが、かぶせ物の裏打ちにも金属を使わずにメタルフリーで作成することができます。

これもまだ残念ながら、保険外の診療となりますが、メリットについては後にまとめてお伝えします。

銀歯でアルミを噛んだ時、電流が走ったことはないでしょうか。

歯がしみる

銀歯の困りごとは、見た目だけでしょうか?

おススメはしませんが、もしもお口の中に銀歯があるかたは、今まで間違ってアルミ箔を噛んだことはありませんか?

おにぎりを包んでいたアルミホイルをかじってしまった経験があればわかりやすいかもしれません。

わずかですがビリっと、違和感があったのではないでしょうか。

これは、ガルバニー電流と言われるもので、肩こりや頭痛の原因になるほど敏感な方もなかにはいらっしゃるようです。

 

メタルフリー治療のメリット

後戻りが気になる

メタルフリー治療を特におススメしたいのが、金属アレルギーのある患者さまです。

ご自身では、金属アレルギーを自覚していなくても、手に発疹が出て皮膚科に通院しても治らず、実は歯の詰め物による金属アレルギーだったというケースがあります。

金属アレルギーの自覚がなくても、夏の暑い時期に汗をかいて、ネックレスが触れている部分が赤くなったり腕時計のあとが赤くなって痒くなったことはないでしょうか。そういう経験がある方にはぜひ、メタルフリーの治療をお勧めします。

白い色のかぶせ物を選択した場合でも、裏打ちに金属が使用されていると長期間の使用のうちにだんだんと金属が溶けだし、歯茎が黒ずんでしまうことがあります。

大きな口を開けて笑わなければみえませんが、やはり気になるものです。笑顔に自信がなくなってしまうことは避けたいことです。

メタルフリー治療は、身体にやさしい材料で、美しい歯の色を再現することできる今後治療のシェアを広げていくことが約束されている理想的な歯科治療です。