Back to top
セラミック治療
インレー

メタルインレー

metal inlay メタルインレーは、保険が適応される金銀パラジウム合金を奥歯の詰め物に使う治療法です。

金12% パラジウム20% 銀50%銅10%の合金です。

メタルインレーは、金属を使っている為、長期間使用することによって金属が溶け出して歯の根元部分に黒いラインが見えてきたり、歯ぐきが変色したりする場合があります。

熱伝導性が高いので、熱い飲食物や冷たい飲食物に過敏になる場合もあります。

また、ゴールドインレー、ハイブリットセラミックスに比べて適合が悪く、金属アレルギーを起こす恐れがあります。

近年は審美性が悪い為、保険診療で済ませたい場合は、レジンを希望する人が増えていますが、レジンよりメタルインレーの方が機能的であるという意見を持つ歯科医もいます。

特に奥歯の場合、材質の安定性、強度、歯髄に対する安全性を考えた時に、レジンよりメタルインレーの方が優れているという考え方です。

それはレジンには硬化するときに重合収縮が起こるので、歯質との境界部分を封鎖させるという欠点がある為、歯髄に対する安全性が損なわれる場合があるからです。

虫歯の治療は、感染歯質を除去することですが、その後に歯の形を修復する為の治療も必要です。

その為に、歯にクラウンやインレーを使うことになるのですが、安全で有効な材質を選ぶ必要があり、その材質として、保険内ではレジンよりもメタルインレーの方が優れているということになのです。

よく言われるメタルインレーによる虫歯の再発は、インレーをつける前の感染歯質の除去が、完璧に行われていなかった場合に起ることがほとんどで、メタルインレーそのものに原因はないという意見もあります。

また、耐久年数もメタルインレー非常に長く数十年に及び使い続けることができます。

メタルインレーにかかる費用は、虫歯を削る料金や型取りの料金を含めて、保険を適用した場合、約1300~2000円 保険外の場合は約5千円~3万円が相場です。

保険適応外となる歯科医院も多くあるので、費用は歯科医院により違います。