Back to top
セラミックインレー
インレー

セラミックインレー

セラミックインレーは、セラミックで歯の形に作られた詰め物です。

ポーセレンインレーとも呼ばれていて、天然歯と見分けが付かないほど自然な色あいを再現できるインレーです。

全て陶器でできている為、長年使用しても硬くて磨耗しないので、変色せず自然な歯の色のままのきれいな状態を保ちます。

また、汚れや歯垢がつきにくいので、着色も防げます。

金属を使っていない為、金属アレルギーの心配がなく、治療後に金属が溶け出して歯茎の色が変色することもありません。

ただ、セラミックは、硬度が高いため、他の歯が傷付いたり、強い力の圧力を分散できず、欠けてしまう場合がありますので、歯科医院によっては保証期間を設けているところもあります。

セラミックインレーで治療を受ける前には、保証内容も確認しておくと良いと思います。

奥歯の場合は、耐久性を考え、ハイブリッド・セラミックにするという選択肢もあります。

特に歯ぎしりをする場合や、かみ合わせが強い場合には、金属のインレーやジルコニアセラミックインレーを選択することもできます。

その他には、奥歯で白い詰め物をしたい場合にはレジンという選択肢もありますが、レジンは吸水性があるので変色しやすいだけではなく、歯とレジンの間に隙間ができて、虫歯が再発する恐れがありますが、セラミックにはその心配がありません。

また、セラミックの水分を吸収しない性質から、唾液も吸収することがないので、口臭の原因になることはありません。

治療の流れ )

1回目の施術で歯の形成と型取りをした後に、石膏模型が作成されます。

歯科技工士が、セラミックインレーを作製します。

周囲の歯の色と調和をするように色の調整もします。

石膏模型が作成からセラミックインレー完成まで、1~2週間かかります。

2回目の施術でセラミックインレーをセットして治療は完了します。

耐久年数は、金属やジルコニアセラミックに比べると、短い場合が多いようですが、噛み合わせの癖などによっても変わって来ます。

セラミックインレーにかかる費用は、虫歯を削る料金や型取りの料金を含めて5万円前後が相場です。

保険適応外ですので、費用は歯科医院によりかなり違います。