Back to top

ジルコニアクラウン

 ジルコニアセラミッククラウンは、内部にジルコニアのフレームを使い、外部にはセラミックを使用した被せ物です。

ジルコニアは、人造ダイヤなのでは金属より硬く、強度、耐熱性、耐久性、耐腐食性に非常に優れています。

セラミックの場合、ひびが入ると縦に割れてしまうのですがジルコニアには、「応力誘起相変体強化機構」という特性があり、ジルコニアにひびが入ると、その周りが変化して、ひびを埋めてしまうので、縦に割れるということがないのです。

それだけの硬度と強度を持ちながら、金属の3分の1程度の重さしかないのも利点の一つです。

その特質から歯の治療だけではなく、人工股関節の球状骨頭部などにも使用されています。

ジルコニアセラミックは金属を使用していないので、歯の根元部分に黒いラインが見えてきたり、歯茎が変色したりすることはありませんし、生体親和性の高いジルコニアを使っているので金属

アレルギーの心配もありません。

また、汚れや歯垢がつきにくく、食べ物やタバコによる着色もしないので、長年使っても変色しません。

色調や透明感はオールセラミッククラウンに劣りますが、光の透過性が高いため、十分綺麗な仕上がりになります。

これは、セラミックパウダーを配合して周囲の歯の色に合わせて仕上げることができるからです。

そして、ジルコニアは硬度が高く、十分な強度があるため、ジルコニアセラミックはブリッジや奥歯の治療にも使用することができます。

オールセラミックの場合、仮付けができないのですが、仮付けで様子を見ることができる場合があります。

ジルコニアセラミックは差し歯やブリッジ、クラウンの治療だけではなく、インプラントの上部構造にも使われます。

ジルコニアセラミックは保険適応外ですので、約10~20万円の費用がかかります。