Back to top

メタルボンド

ceramic metalbond メタルボンドクラウンは金属フレームに白いセラミック材を焼き付けたセラミッククラウンです。

オールセラミッククラウンに比べて、歯を削る量が少なくて済む方法です。

透明感もあり、色調も良いので、前歯にも使うことができますし、金属の詰め物をきれいにすることや、歯根部分だけになっている歯に対応することもできます。

また、メタルボンドは、ホワイトニングでは白くできない歯や神経のない歯にかぶせてきれいにすることもできます。

ブリッジや奥歯のように強度と硬度が必要な場合には耐久性のあるメタルボンドクラウンは適正なクラウンですし、すきっ歯を矯正することもできます。

ただし、メタルボンドは、セラミックの審美性と金属の持つ強度を持っているとはいえ、色調や透明度はオールセラミッククラウンには劣っています。

また、長年使用するうちに金属が溶け出して歯ぐきが変色したり、歯茎との境目が黒くなったりする場合があるため、オールセラミッククラウンを選ぶ人が多くなっているようです。

また、まれに金属アレルギーの原因となることがあります。

しかし、中の金属に貴金属を使用することで、歯ぐきの変色や金属アレルギーを起こす可能性が低くなります。

メタルボンドはすでに長い年月にわたって使われ、改良されてきているので、歯科医には十分な臨床データがあるので、安心で安全なセラミッククラウンですが、歯科医師や歯科技工士の知識と

技術によって、仕上がりに大きな差が出ます。

また、中に使用する金属によっても結果が変わってきますので、治療を始める前に色や形に満足できなかった場合にはどのような対応をしてもらえるのかなど、保証内容をしっかりと確認しておきましょう。

メタルボンドは保険適応外ですので、約8万円から15万円の費用がかかります。