Back to top

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウンは、セラミックの粒子と合成樹脂の混合物でできた白いクラウンです。

セラミックという名称ですが、主な成分は合成樹脂ですので、オールセラミックに比べると色調と透明感は劣りますが、セラミッククラウンより柔らかいので、周囲の歯に与えるダメージが軽減されます。

セラミックのように硬すぎることがないので大きく咬む力がかかる奥歯には最適です。

歯の質感や色調が合わせやすく、歯の形や大きさも調整できるので、周囲に調和した仕上がりになります。

金属を使っていない為歯ぐきの色が変色することはありませんが、合成樹脂が混合されている為、吸水性があり、プラークも付きやすいので長年使用していると、変色、変形します。

この為、歯科医によってはハイブリッドクラウンを推奨しない考えの医師もいます。

耐久度が低い為、劣化しやすく長期間使用することができないからです。

費用はセラミックより安く済みますが、5年後に作り直しをすることを考えると、実は安くはないということになる場合もありますので、歯科医師とよく相談し手から決めることが大事です。

ハイブリッドクラウンにはエステニア、グラディア、セラマージュ、パールエステ、アートグラス、シンフォニーなどいくつかのメーカーがあって、歯科医院によって使用されているものが違います。

セラミックに混ぜるレジンには、シリカというガラス、ジルコニアなどの粒子などを混合したフィラーというものが入っています。

収縮や膨張を抑えて、精度をあげたり、硬度を高めて強度をあげたり、透明感をあげて審美性を高めたりするためです。

このフィラーの種類や混合量がメーカーによって変わってきます。

ハイブリッドクラウンにかかる費用は、4~12万円前後が相場です。

保険適応外ですので、費用は歯科医院により違います。