Back to top
オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウン

セラミック治療

オールセラミッククラウン

all ceramic crown

オールセラミッククラウンは、セラミックで作られた差し歯です。
天然歯と見分けが付かないほど自然な色あいを再現できるクラウンです。
全て陶器でできている為、長年使用しても硬くて磨耗しないので、変色せず自然な歯の色のままのきれいな状態を保ちます。
また、汚れや歯垢がつきにくいので、着色も防げます。

金属を使っていない為、金属アレルギーの心配がなく、治療後に金属が溶け出して歯茎の色が変色することもありません。

ただ、オールセラミックはまだ新しい素材なので、長期的予後のデータはあまりないのが現状です。

また、比較的に歯を削る量が多いことと、加齢により歯肉が減少してきたときに、歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくる恐れがあります。

セラミックは、硬度が高いため、咬み合う歯が傷付いたり、強い力の圧力を分散できず、欠けてしまう場合がありますので、歯科医院によっては、仮歯にして様子を見たり、保証期間を設けているところもあります。

セラミッククラウンで治療を受ける前には、保証内容も確認しておくと良いと思います。

オールセラミッククラウンにはいくつかの種類がありますのでご紹介します。

ジルコニアセラミック)

通常のオールセラミックスクラウンの内部にジルコニアが使われています。

強度としなやかさを持った素材で、耐久性に優れています。

天然歯のような透明感と色調に仕上がります。

アルミナセラミック)
酸化アルミニウムが内側のフレームに使われています。

ジルコニアほどではありませんが、充分な強度があり、金属を使わないので腐食の心配がありません。

二ケイ酸リチウムガラス含有セラミックス)

非常に高い耐久性を持つ素材で、元の歯と密着するので、二次虫歯が発生しにくいのが特徴です。

オールセラミックの費用は8万円から15万円が相場です。

歯科医師の技術力によって、仕上がりがかなり変わりますので、事前によく相談してから治療を始めることが大事です。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

セラミック治療