Back to top

クラウン

crown

クラウンは、詰め物では修復できないほど大きな虫歯や、細菌に感染した歯質や神経を除去する根管治療の後に、差し歯、被せ物といわれる歯にかぶせる人口の歯です。

クラウンには保険に適応する金属やレジンなどが素材のものと、保険適応外のセラミックなどが素材のものがあります。

保険に適応するクラウン)

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンという歯科用のプラスチックで作られた差し歯です。

レジンには、吸水性があり、変色することと、充分な強度と耐久性がない為、あまり使用されなくなってきました。

硬質レジン前装冠

金銀パラジウム合金などの金属のフレームにレジンを張り付けたクラウンで、金属が見えませんので、見た目には白い歯に仕上がります。

硬質レジンジャケット冠より、中に金属が入っているので、強度があり、保険適応内で前歯のクラウンを作る場合の多くは硬質レジン前装冠が使われます。

表面のレジンには吸水性があるため、長年使っていると、変色してきます。

また、中の金属が溶け出して、歯ぐきの色が変色したり、歯と歯ぐきの境目が黒くなったりします。金属アレルギーがおこる場合もあります。

銀歯

金銀パラジウム合金、またはニッケルクロム合金という金属でつくられたクラウンです。

保険適応内で治療する場合、前歯以外のすべての歯に使われます。

保険に適応外のクラウン)

オールセラミッククラウン

セラミックで作られたクラウンです。

白く、透明性もあるので審美性が高いクラウンですが、割れやすいので、奥歯には不向きです。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジンの混合物で作られたクラウンです。

透明性はオールセラミックには劣りますが、硬すぎないので割れたり、噛み合わせる歯を痛めたりすることがありません。費用もオールセラミックより割安です。

メタルボンドクラウン

金属のフレームにセラミックを貼り付けたクラウンです。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアのフレームにセラミックを貼り付けたクラウンです。

ゴールドクラウン

金合金や白金加金などの貴金属で作られたラウンです。