親知らずと年齢の関係、虫歯について

親知らず(智歯)と年齢の関係

親知らず(智歯)と年齢の関係

親知らずは、思春期後半から20歳前後に生え始めることが多いです。 生えると、今度は、いつ抜歯すべきかという問題が浮上し、様々な考え方があります。

25歳ぐらいまでに抜歯するのが最適という考え方があります。

いや、抜歯に最適年齢という考えは必要ない、歯の角度や深さ等の生え方や、骨の硬さや神経の位置、歯のお手入れ状態など、個々の状況に合わせて、年齢問わず、抜歯を検討すればいいという考え方もあります。

親知らずはいつ抜歯すべきかという問題が浮上し、様々な考え方があります

一方で、痛みや噛み合わせや虫歯等の問題がなければ、抜歯の必要はない、むしろ、隣の歯が虫歯に侵されて歯を失ったときに、親知らずがあれば、入れ歯やブリッジの支台として使える、という考え方もあります。

現生人類においては、親知らずが生えてくるのが自然であり、自然の摂理に従って、温存するのが最適という考え方もあります。

親知らずを抜歯するタイミング

親知らずが虫歯になった場合

歯肉に対して垂直に生えていて、隣の歯を不自然に圧迫していない場合は、毎日の歯磨き等の丁寧なお手入れをしている限り、親知らずも他の永久歯と同じで、問題は起こりにくいものです。

ただ、斜めに生えていたり、横倒しに生えていたりすると、隣の歯との隙間が複雑になり、歯ブラシが届かなくて、次第にプラーク(歯垢)が隙間に溜まり、やがて炎症を起こしやすくなります。そうなる可能性が高いと予測しやすい歯並びの場合、虫歯等の炎症が起きる前でも早々と25歳ぐらいまでに抜歯をしてしまうという方もいます。

しかし、隣の歯に影響を及ぼしている(歯周病等)けれど、親知らずが完全に埋まっている場合は年齢に関わらず生えてくるのを待ってから抜くこともあります。

親知らずは20代が成長のピークと言われていますが40代になっても少しずつ生えてくるケースもあります!

一般的にはなにか問題が発生してからの抜歯が多いです。親知らずの歯が虫歯で痛い、歯茎が圧迫されて痛い、歯周病がかなり進行していて、抜歯以外に方法がない等です。

親知らずが虫歯になった場合

親知らずが虫歯になった場合

親知らずが虫歯になった場合、抜歯したほうがいいのか、しなくてもいいのかという問題があります。一般的な考え方として、親知らずを抜歯しなくてもいいとする場合、いくつかの条件があります。

親知らずが歯肉に対して垂直に生えていて、毎日のお手入れが行き届いていて、上と下の親知らずの噛み合わせに問題が生じていない、これらの条件が揃えば、敢えて抜歯しなくてもいいと判断できます。

しかし、隣の歯との隙間が複雑で、歯磨きがしづらく、食べカスがどうしても詰まって、丁寧なお手入れが難しい場合や、噛み合わせが悪い場合は、抜歯をお勧めしています。

大掛かりな治療になる前に、早期の受診・治療が大事!

大掛かりな治療になる前に、早期の受診・治療が大事!

虫歯の治療だけをして、歯を残すことはできますが、きちんと歯磨きできない歯並びの場合、虫歯がまた再発する可能性が高くなります。虫歯が表面のエナメル質を浸食し、さらに奥の層の象牙質に穴をあけて、知覚過敏、痛み、腫れの症状が出る頃になると、蝕まれた部分をかなり削る治療になります。

また、その状態からさらに放置して虫歯が進行し、奥の歯髄(神経と血管がある歯の中央部)に達する頃には、黒い大きな穴があいています。虫歯が直接神経に触れることで痛みも激しくなり、神経を抜く治療を行います。その後は抜歯になりますが、歯はすでにぼろぼろで、頭の部分は無く、歯の根だけが残っています。

通常の抜歯は、歯を器具でつかんで、引き抜きます。しかし虫歯が進行して歯の頭がないと、歯をつかむことができません。そして、歯肉を切開して、骨を削りつつ、残った歯の根を引き抜く、大掛かりな治療になります。こうなる前に抜いておいた方が得策とも言えるでしょう。

親知らずの抜歯は、歯の生え方によっては、虫歯ではない状態でも、困難な場合もあります。しかし虫歯の場合は、放置すればするほど、抜歯の難易度が上がります。

ですから、親知らずが虫歯になった場合は、できるだけ早期に治療することをお勧めします。その上で、抜歯が必要か否かを、担当医とご相談ください。

お気軽にご相談ください
お問合わせはこちら


SNSでもご購読できます。