親知らずって抜いたほうが良い?残したほうがいい?を徹底解説

親知らずって抜いたほうが良い?残したほうがいい?を徹底解説

1. 親知らずとは

親知らずとは、前歯から数えて奥へ8番目の永久歯のことです。上顎、下顎それぞれの左右の奥なので、上下左右合わせて4本生える可能性があります。

すべて生えている方、一つも生えていない方、歯茎の中に埋まっていて一見生えていないように見える方、歯が半分埋まっている方…。親知らずは必ずしも生えるものではなく、人によって様々です。

2.親知らずを抜かなくてもいい場合、抜いたほうがいい場合

親知らずを抜かなくてもいい場合、抜いたほうがいい場合

親知らずは一番奥に位置している為、歯磨きが難しい歯です。さらに、曲がって生えていたり、少しだけ出ているような親知らずは磨き残しができやすく、虫歯になったり炎症が起こりやすい部分です。

抜かなくてもいい場合

  • 虫歯になっておらず、まっすぐ生えていて歯磨きがしっかりできるような場合。
  • 上下で親知らずが生えていて、しっかり噛みあっている場合。
  • 痛みが出ておらず、抜く方が大変な場合(リスクが高い場合)。

抜いた方がいい場合

  • 深い虫歯になっていて、保存が不可能な場合。
  • 腫れたり、痛みが出た事がある場合(体調を崩していたり、疲れている時に再び症状が出やすいです)。
  • 虫歯になっていて、治療をするときに器具が届かない、もしくは困難である場合。
    ※治療をされる側: 大きな口を開け、口の奥まで器具が入り大変です。
    ※治療する側: 器具が奥までなかなか届かない、ベストな治療が出来ません。
  • 大変な思いをしてせっかく治療をしても、歯ブラシが届かず磨き残しができ、再び虫歯になってしまいそうな場合(予後が望めない場合)。
  • 親知らずの手前の歯にも虫歯が出来てしまっている場合。
    治療する側: 器具が奥までなかなか届かない、ベストな治療が出来ません。
  • 生えている向きが正しくない場合(頬や舌に食い込んでいる)。

3.親知らずを残すメリット・デメリット

残すメリット

  • 移植…まっすぐ生えている綺麗な親知らずであれば、他の歯が欠損した場合に移植できる可能性がある。
  • 親知らずのひとつ前の歯(手前から数えて7番目の歯)が欠損した場合に、ブリッジの支台歯として使うことができる。
    ※ブリッジとは、失った歯の前後の歯を削って失った部分の歯に橋を架けるように歯を補う治療、被せもののこと。
  • 親知らずを抜くという抜歯の外科処置を行わなくていい。

残すデメリット

  • 虫歯があった場合に治療をして一度は治したとしても、歯ブラシが届かず磨き残しができ、再び虫歯になる可能性が高い(痛みが出たり腫れたりする)。
  • 親知らずが虫歯になることにより、隣の手前の歯にも虫歯が出来てしまう可能性がある。歯と歯の間に虫歯が出来た場合、親知らずがあるせいで、虫歯が見えにくく発見が遅れて虫歯が深くなっていることがある。
  • 痛くなったり、腫れたりしたことがある親知らずは、体調が悪い時や免疫が低下しているときに再び症状が出やすい。

4.親知らずを抜くメリット・デメリット

抜くメリット

  • 痛くなったり、腫れたりしたことがある親知らずは、体調が悪い時や免疫が低下しているときに再び症状が出やすい。その為、妊娠の可能性がある女性や、大事な仕事の時に症状が出たら困るような方、出張先や旅行先、海外で症状が出たら困る方…にとっては大きなメリットである。
  • 周りの歯茎の健康を保つことができる。

抜くデメリット

  • 移植の歯や、ブリッジの支台歯として用いることができなくなる。
  • 抜歯という外科処置を行うことにより、一時的に腫れたり痛みが出たりする(顎の骨を削ると腫れやすい)。炎症を抑えるための抗生剤や、痛みを抑える為の鎮痛剤を服用することがある。
  • 持病がある方などは特に、抜歯という外科処置を行うことによる身体への負担が少なからず考えられる。
  • 上顎の親知らず抜歯の場合、親知らずは副鼻腔という空洞に接している為、抜歯の際に血液・水・空気などが鼻から漏れたり、炎症が起こることがまれにあります。
  • 下顎の親知らず抜歯の場合、骨の中の血管や神経と親知らずは接近している為、抜歯後に下唇や舌のしびれなどの知覚異常が起こることがあります。

5.親知らずの生え方と抜歯の難易度

親知らずの生え方と抜歯の難易度

親知らずの抜歯の難易度は、顎の開き具合や下顎の欠陥神経、炎症の具合や、歯の形態によって変わってきます。

難易度:★

まっすぐに生えていて、すべて歯茎から歯の頭が出ているとすぐに抜けるケースが多い。

難易度:★★

親知らずが歯茎の表面に対して斜めに生えていて、手前の歯にぶつかって動かなくなっているケース。

難易度:★★★

歯茎の中にすべて親知らずが埋まっており、歯茎を切開し顎の骨を少し削ったり、親知らずを割って小さく分割してから取り出したりするケース。

難易度:★★★★

下顎の親知らずの場合。親知らずの付近に顎の知覚を司る神経が存在しており、抜歯時に神経を傷つけてしまう恐れがあるケース。(親知らずと神経が極めて近接している場合)
※その場合、抜歯前にCTレントゲンを撮影して親知らずと神経との距離が離れていれば当院で抜歯します。極めて近接している場合は術後のフォローの設備の整った大学病院等に紹介することがあります。

6.親知らずを抜く時の注意事項

親知らずを抜く時の注意事項

なぜ親知らずを抜くのか、抜いた場合・抜かないで残しておく場合について、よく考え、ご自身で納得をしたうえで判断してください。一度抜いた永久歯はもう生えてきません。

親知らずを抜く決断をされた方へ

  1. 前日は十分な睡眠をとり、体調を整えておいてください。
  2. 抜歯当日、体調が思わしくない場合は申し出てください。
  3. ワーファリンなどの抗凝固薬を服用されている方や、持病がある方は事前に必ずお知らせください。

抜いた後は

  1. 抜いた当日は、飲酒は控えてください。激しい運動を避け、お風呂はシャワー程度にしてください。
  2. 抜歯という外科処置を行うことにより、一時的に腫れたり痛みが出たりする(顎の骨を削ると腫れやすい)。炎症を抑えるための抗生剤や、痛みを抑える為の鎮痛剤を服用することがある激しく口をゆすぐことは控えてください。抜いたあとの傷口は、血液のかさぶたが徐々にできていき治っていきます。かさぶたができてくれないと傷口は丸裸の状態のままなのでなかなか治らず、激しい痛みが生じることもあります。
  3. 感染防止の為に、歯を抜いた部分以外は丁寧に歯磨きを行い、口の中は清潔に保ってください。
  4. 痛みや腫れがあっても氷では冷やさないでください。もし冷やしたいのであれば、濡らしたタオルで軽く押さえる程度にしてください。
  5. 痛みがひどい場合や不安なことがあったら、歯を抜いた歯医者さんに連絡して確認してください。

SNSでもご購読できます。