歯医者さんにはどれくらいのペースで通えばいいの?

皆さん、歯医者さんに通うペースってどれくらいをイメージされていますか?

「健康診断みたいに1年に1回?」
「痛みや何か症状が出たりしたら?」
「学校や会社の検診で指摘されたら?」

などなど、いろいろ考えられますよね。

ここで質問です!
「最近美容院にはいつ行かれましたか?」
男性の方だと短髪の方がほとんどなので、最近行ったという方が多いのではないでしょうか?

女性の方でしたら、ロングヘアーの方で「もう何年も行ってないわ」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

「美容院 頻度」と検索してみますと

1位「3カ月に1回」……41.5%
2位「2カ月に1回」……28.6%
3位「半年に1回」……16.1%

というデータが出てきます。
半数以上の方が3か月以内に1回は美容院に通われているということですね。

髪が短いのでスタイルキープの為に頻繁に行く方、またはツヤ髪キープの為にトリートメントをする為、カラー・白髪染・パーマのメンテナンスの為にと、皆さんご自身の髪の毛の状態から美容院に行かれる頻度を決められていると思います。

では、最初の質問の「歯医者さんに通うペースはどのくらいが良いのか?」ですが、ズバリ正解は「1年以上歯医者さんに行っていない人は、いますぐ歯医者さんに行ってください!そして、ご自身のお口の中の状態によって歯医者さんに通うペースが決まる!!」です!!

「えぇ~!?なんじゃそりゃ~??」と思われる方が多いと思いますが、まずは自分自身のお口の中の状況を確認する事が大切なのです。

髪の毛と違って、お口の中の状況は自分自身ではなかなか把握できませんよね?
最近お口の中を鏡などを使ってしっかり見たことがありますか?無い人がほとんどだと思います。

虫歯の症状

鏡で見てみて、大きく穴が空いたり・黒くなっていたりしたら別ですが、自覚症状がほとんど無い初期虫歯などは発見するのはとても難しいところです。ましてや、上の歯の奥歯なんてほぼ目で見ることが不可能です。

前歯だと、「あれ?なんだか色が黒くなっている??」と気づく方がいますが、その場合、奥歯はもっと虫歯が進行している事が多いです。
また前歯でも自分自身で気づくことが無く、「前歯黒いよ」とご家族・お友達から指摘されて初めて気づく方が多いです。

歯槽膿漏(歯周病)の症状

歯槽膿漏、最近では歯周病と言われていますが、こちらも自覚症状がほとんどありません。
歯磨き中に歯茎から血が出る方は歯周病の可能性が非常に高いです。
厚生労働省が行った調査で、成人の80%が歯周病にかかっているという調査結果が出ています。

このページを見ているほとんどの方が、軽度から超重度と、症状の程度は様々ですが歯周病にかかっている可能性が高いのです。

この中で「症状が当てはまる…」という箇所があれば早めの受診をお勧めします。
症状が重くなればなるほど、治療回数治療期間が長くなり、また最悪の場合抜歯に繋がります。

歯周病(軽度)

歯と歯茎の境目のポケット(溝)が3mm~4mm程度。
歯を支える骨には異常が無いが、歯茎が赤くなり歯と歯の間の歯茎が丸く腫れている。
歯磨きでたまに血が出る。

歯周病(中度)

歯と歯茎の境目のポケット(溝)が5mm~6mm程度。
歯を支えている骨が溶け始めて、歯茎の下にも歯石がついている状態です。歯茎が下がって歯が長く見える。
冷たいものや熱いもので沁みたりすることがある。
歯茎が腫れ出血、膿が出てくる。
口臭もひどくなり、歯を支えている骨の吸収により歯がグラグラ動く。

歯周病(重度)

歯と歯茎の境目のポケット(溝)が7mm~8mm程度。
歯を支えている骨が半分くらいまで溶けてしまった状態。
歯がグラグラしてくるため硬いものが噛みにくくなる。

歯周病(超重度)

歯と歯茎の境目のポケット(溝)が9mm以上。
すでに歯を支えている骨はなくなってしまい、歯茎に支えられている状態。
グラグラと大きく動き、柔らかいものも噛めない状態。
ここまで進行すると歯を残すことが出来ません。

口臭

ご家族・お友達から「口が臭いよ」と口臭を指摘されて初めて、自分が歯周病かも、虫歯かと思う・・・
口が臭いって指摘されるのは恥ずかしいですよね?

また、電車やバス公共交通機関や職場・学校などで「あれ?どこからか変な匂いがする。」と感じることがありませんか?
ドブ臭い様な…血生臭い様な…腐った臭いの様な・・・なんとも言い表し難い臭い。それは近くにいる人の口臭の可能性が高いです。とても不快ですよね・・・。

最近では、「スメルハラスメント(スメハラ)」という言葉が言われる様になりました。臭い(口臭・体臭・香水等)により周囲を不快にさせる嫌がらせのことです。

口臭は自分自身ではなかなか気づきません。もしかしたらその臭い、あなたからも出ているかもしれませんよ。気付かないうちに「スメハラ」しているかも!!

ですので、まずは歯のプロ・歯医者さんでしっかり診査診断してもらい、虫歯がある方・歯周病(歯槽膿漏)の方はしっかり治療をしていきましょう!

通院ペース

治療期間中

通院ペースに関しては、毎日の場合や、週1回または2回、2週間に1回など、治療内容によって大きく変わってきます。
治療中は先生の指示に従い、しっかり通って、しっかり治療していきましょう。

虫歯が小さかったり少ない場合は、治療回数が少なく、治療期間は短くて済みます。
しかし、虫歯が大きかったり本数が多いと、歯周病が重症の方などは治療回数が多くなり、治療期間も長くなってしまいます。

また、痛くないから、特に症状がないからと自己判断は厳禁です!!
虫歯・歯周病は風邪と違い自然には治りません。
自己判断で通院を止めてしまいますと、更に重症化してしまいます。
最初の診査診断である程度の回数・期間が把握出来ますので、担当の歯科医師としっかりとお話しをし、疑問点や気になることはしっかり聞いておきましょう。

メンテナンス期間中

そして治療が全て終わってからは、虫歯がこれ以上増えない様に・歯周病をこれ以上進行させない為にも、定期健診受診をお勧めします。

定期健診受診のペースですが、早期発見・早期治療の為にも3ヶ月~6ヶ月ペースでの通院をお勧めしています。

虫歯が無く歯周病にもかかっていない方でしたら、6ヶ月に一度などのペースでも大丈夫かもしれませんが、虫歯治療をされた方は虫歯のない方と比べて再度虫歯になるリスクが高く、また、歯周病にかかった方はいくら治療をしても、一度破壊されてしまった歯を支える骨などの歯周組織は元通りにはなりません。
これ以上進行させない為にも、3ヶ月を目安に定期健診をしっかり受けていただきたいです。

また、入れ歯・インプラントを入れた方、全身疾患がある方などはもう少し状況が変わり、1ヶ月に1回程度の定期健診が必要な場合があります。

お口の中の状況によって定期健診受診のペースが変わりますので、しっかり担当の歯科医師とお話ししてご自身のお口の中の状況を確認・把握し、「歯医者さんに行く」という習慣を身につけていきたいですね。

歯医者さんでは治療以外に何が出来るの?

以上、歯科医院への通院ペースについてご紹介してきましたが、歯医者さんは虫歯・歯周病の治療だけに行くところではないのですよ。
治療以外にも、様々なお口の中を綺麗にする施術が出来るのです!

「今月美容院に行くから、ついでに歯医者さんにも行って口の中を綺麗にしてもらおう!」というのも良いですね。

SC

専用の器具を使い歯石・簡単な着色の除去を行います。
施術後は歯の周りにあった不良な歯肉・歯石が無くなる事により、歯茎が引き締まります。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ トゥース・クリーニング)

普段の歯磨きで落とせない汚れは細菌とくっつき、歯ブラシでは落とすことの出来ないバイオフィルム(細菌の塊)を形成します。
このバイオフィルムはお口の中のpHを酸性にし、虫歯・歯周病をより起こしやすい状態に変えてしまいます。
PMTCは専用の器具・ペーストを用いて、歯の表面についた汚れ・着色・バイオフィルムを機械的に除去していきます。
歯本来の元々の白さを取り戻すことができ歯がツルツルになります。
またバイオフィルムを除去することにより虫歯になりにくくなり、歯周病や虫歯の予防にとても効果があります。

エアフロー

専用の器具とパウダーを用いて頑固な着色(茶渋・タバコのヤニ等)を除去していきます。
PMTCとの併用となります。

ホワイトニング

ホワイトニングとは歯磨きや歯のクリーニングでは落ちない加齢や遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法です。
歯の表面に専用の薬液(ホワイトニング剤)を塗布し、歯の黄ばみ色素を分解して歯の内側から白くしていきます。
天然の歯を白くしていく為、自然な色の仕上がりになり笑顔の魅力度がアップします!!

ホワイトニングには「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」「デュアルホワイトニング」の3種類があります。

一般的に、ホームホワイトニングは自宅で行い、オフィスホワイトニングは歯科医院で行います。
デュアルホワイトニングはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを合わせて行っていく方法です。

着色の原因にもよりますが、基本的には生活スタイルや要望に合わせて選べます。

ホームホワイトニング

マウスピースご自身の自宅でのセルフケアがメインとなります。

まず歯科医院内で歯型を取り、歯型に合わせて専用のトレー(マウスピース)を作成します。

作成したマウスピースにホワイトニングジェルを流し込み自宅で装着して行うので自宅にいながら輝く白い歯を手に入れることが出来ます。

ホームホワイトニングの特徴

濃度が低いお薬を使うため白くなるのに時間がかかりますが、お薬が深く浸透するので白さの限界点が広がり白さも長期間保持できます。

奥歯まですべての歯を白く出来ますし、白くなりにくい歯も白く出来る可能性があります。
マウスピースとホワイトニングジェルがあれば、歯科医院に行くこともなく自宅で手軽に行うことができます。

またホワイトニングジェルは追加で歯科医院で購入することが可能ですので、ご自身の希望する白さになるまで近づけることが可能です。

通勤中やお仕事中などの隙間時間での使用もお勧めです。

ホームホワイトニングのデメリット
  • 毎日2時間行って頂く事で効果が出ます。
  • 効果が出るまで通常2週間程度かかります。
  • マウスピース装着中は飲食をすることが出来ません。
  • マウスピースをつける事によって違和感があります。
ホームホワイトニングの手順
  1. マウスピースを装着する前に歯ブラシ&フロスをします
    丁寧にブラッシングを行いましょう。
  2. マウスピースにホワイトニングのジェルを塗布します
    歯1本に対し米粒大のジェルを付けていきます。
  3. マウスピースを装着します
    マウスピース装着中は飲食をしないようにしましょう。
  4. 2時間経ったらマウスピースを外しブラッシングをしましょう
    2時間以上着けていても効果は変わりませんので時間を守りましょう。
  5. マウスピースに何もつけずに歯ブラシで水で洗浄し、隙間に入ったジェルをしっかり落とします。
  6. 専用のケースに入れて保管します
    しっかり乾かしてください。
ホームホワイトニングの注意事項
  • ホームホワイトニング中お痛みや沁みがあるようでしたら無理せずに中断しマウスピースを外しましょう。
  • 沁みが酷いようでしたら1日から2日様子を見て再開してください。
  • ホワイトニングジェルはしっかりキャップをして、冷暗所で保管すれば購入から1年間は使用可能です。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院内で歯科医師・歯科衛生士管理の下、施術を行いますので安心・安全です。

施術中は寝ているだけで良いのでお手軽です。

オフィスホワイトニングでは、ホームホワイトニングと比べて高濃度のホワイトニング剤を使用します。

高濃度のホワイトニング剤を使うことにより効果的なホワイトニングを行えるので、ホームホワイトニングよりも時間をかけることが無く、また1回の来院施術で数段階白さがUPしますので、短時間で白くしたい方にお勧めです。

またオフィスホワイトニングでは、ホワイトニング用に開発された機械等を使用する事によって、更にはっきりとホワイトニング効果が感じられます。

オフィスホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングは高濃度のホワイトニング剤を使うため安全面の点から、前歯のみ(上下それぞれ6本。合計12本)の処置となり奥歯まで白くすることが出来ません。
薬液濃度が高いためホームホワイトと比べしみやすいです。
ホームホワイトニングと比べ色戻りが早いです。

オフィスホワイトニング後の注意事項
  • ホワイトニングの後、30分は飲食や喫煙は控えて下さい。
  • ホワイトニングを行なっている期間中はカレー・ワインなど色の濃い飲食物、オレンジジュースなどの酸性のものや刺激物は避けるようにして下さい。
施術中・施術後の色戻り・着色を防ぐ為のオススメ歯磨き粉

  • スーパースマイル
  • スーパースマイル アクセラレーター

詳細は「歯科医院スタッフがおすすめする歯科グッズ!」をご覧ください!

ホワイトニング後の症状について

ホワイトニングの後は、歯の表面の水分量が低下して過敏な状態になっているので
歯がしみたり痛みがでたりする場合があります。
しかし、これは一過性なものでほとんどの場合1~2日で治るので心配ありません。
施術中は沁みにくくなる歯磨き粉の使用をお勧めします。

ホワイトニング後のオススメ歯磨き粉

歯科医院専売歯磨き粉「メルサージュ ヒスケア」

詳細は「知覚過敏におすすめの歯磨き粉!歯磨き粉メルサージュヒスケア」をご覧ください!

もし沁みる症状が長く続くようであれば知覚過敏の処置を行います。

ホワイトニングが出来ない場合

残念ながらホワイトニングが出来ない場合があります。

  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方(できれば避ける、行ってもオフィスホワイトニングのみ)
  • 18歳未満の方(両親の承諾があれば施術可能な場合あり)
  • 大きな虫歯がある方(治療完了後施術可能)
  • 重度の歯周病の方(治療完了後施術可能)
  • 知覚過敏のひどい方(治療完了後施術可能)
  • 歯に亀裂が入っている方(治療完了後施術可能)
  • 無カタラーゼ症の方(ホワイトニングの主成分過酸化水素を分解する酵素がないので、体内に蓄積されてしまいます)
  • エナメル質形成不全・象牙質形成不全(歯の発達が充分でない場合、ホワトニングの薬剤が過剰にしみてしまう場合があります)

オフィスホワイトニングに関しては様々なコースがありますので、是非とも一度ご検討してみてくださいね!
(ホワイトエッセンスHPリンクをお願いします。)

詰め物・被せ物のやりかえ

歯科医院では、昔治療した銀色・金色の詰め物・被せ物を白い素材に変える事もできます。

部分的な詰め物(インレー)

歯全体的な被せ物(クラウン)


写真で治療前・治療後を見比べてみますと非常に雰囲気が変わっていますよね!!
治療前は、金属が入っていることにより人工的な違和感がありましたが、治療後は銀歯を白いものに変えたことにより天然の歯と変わらない見た目になり、ナチュラルで違和感を感じませんね。
これだと、笑顔の魅力もぐんとアップしますよね。お口の中からのイメチェン、是非いかがですか?

また、今まで入っていた素材を変えることによって、虫歯になりにくくなり機能性も良くなる場合もあります。
色々な素材がありますので是非とも1度歯医者さんに相談してみるもの良いですね。

歯の矯正

歯並びが気になっている方いらっしゃいませんか?

歯並びのせいで人前で笑うのが苦手・・・
出っ歯をどうにかしたい・・・
下顎が出ている・・・
歯磨きがしづらくてすぐに虫歯になってしまう・・・
歯と歯の隙間が気になる・・・

こんな悩みも是非歯医者さんで相談してみてください。大人になってから歯の矯正をする方、最近増えています!
最近は金属のワイヤーが見えない様に歯の裏側に矯正器具を装着や、マウスピースでの矯正もあり、矯正治療中の見た目を気にせず矯正することも可能となっています。
コンプレック解消の第一歩を踏み出してみませんか?

出っ歯の方

叢生(そうせい)の方

すごく雰囲気が変わりますよね!

叢生(そうせい)とは、歯の大きさと歯が並ぶあごの大きさのアンバランスが原因(歯が大きい、あごが小さい)で、歯が重なり合って生えている歯並びのことです。一般的には、乱杭歯や八重歯といわれています。

叢生の方は抜歯が必要な場合が多いです。画像でも上下共に2本ずつ合計4本抜歯しています。

歯並びの状況をしっかり診査診断させていただいて、ベストな矯正治療を提案させていただきます。
無料相談も行っていますので、是非とも1度ご相談くださいね。

美容院は外見の綺麗さを提供しますが、歯科医院はお口の中の綺麗を提供させていただきます!
是非とも素敵な歯、そして更に素敵な笑顔と自信を手に入れてください!


SNSでもご購読できます。