舌苔と口臭の関係や原因

舌苔

みなさんは舌苔(ぜったい)という言葉を聞いたことがありますか?

舌の色がきれいなピンク色ではなく、白く苔の生えたようになっていて気になさっている方も多いのではないでしょうか。

これは舌苔と言って舌の細胞の角質が多くでき、そこに細菌などが溜まって白く見えているのです。

実はこの舌苔の付き方で口の中で不調が分かることがあります。

そして、舌苔は口臭の原因になることがあり、厚くついた舌苔がその臭いの元になっていることも多いのです。

治療をする必要はありませんが、気になる方は舌ブラシで磨くことが必要です。

今回は舌苔と口臭の関係や原因について説明します。

1、舌苔とは

舌苔舌の表面の角質が何らかの原因で伸びて硬くなり、その隙間に細菌や汚れが溜まり、舌が白く苔が生えたように見えます。

舌苔の原因は細菌や口呼吸、消化器系の疾患などがありますが、原因が不明なこともあります。

舌苔は健康な人にも付いているもので、ある程度の舌苔は口の中の正常な機能のためには必要なものです。異常な量でなければ口臭に影響は与えません。

なので、舌苔自体を治療する必要がなく、口臭の原因として舌苔が考えられる場合は舌ブラシで舌を磨くと良いでしょう。

2、舌苔ができる原因

1. 細菌

細菌歯磨きがきちんとされておらず不衛生だと、当然口の中の細菌は異常に増殖して舌にも舌苔として付着してきます。

この細菌が舌の溝に入り込んで溜まり、舌苔として白く見えます。

色素を作り出す細菌が原因の場合は黄色や灰色、茶色、黒色など変化することがあります。

2. 剥がれた上皮のかす

舌自体の上皮や口の中の上皮が剥がれ、溜まったものが舌苔として白く見えます。

人間の舌も表面は角質化しているので、この角質化が進むと舌の細胞が伸び、その隙間に剥がれた上皮が溜まり、舌苔になります。

3. 食べかす

食べかす食べかすが舌の細胞の間に残り、舌苔になることがあります。

舌の位置が低い位置にあったり、口呼吸があったり、舌の動きが悪いと舌が周りと擦れず、食べかすが残ってしまいます。

4. 口呼吸

汚れは乾燥するとこびりつき取れにくくなります。

口の中もいつも唾液で濡れていますが、口呼吸のある方はすぐに乾燥してしまい汚れが自然に落ちないために舌苔ができてしまいます。

5. 唾液の減少

タバコストレスや薬、全身的な病気によって唾液の量が減少すると、口の中の自浄作用、殺菌作用が低下し、舌苔ができます。

また、免疫力も落ちてしまい、汚れや細菌が増植しやすくなってしまいます。

高血圧の薬や精神疾患の薬の中に唾液が少なくなる副作用があるものもあります。

また、アルコールやタバコなどの刺激物の摂取によっても唾液は減少します。

アルコールには利尿作用があるため、口の中が乾燥しやすくなります。

タバコも口の中の乾燥を引き起こすので、唾液不足により唾液の減少に繋がります。

6. 舌をあまり使わない

舌を使わない舌の動きが少なくなると舌苔は溜まりやすくなります。

つまり、噛んだり話したりすることがあまりないと舌苔は増えます。

実際に流動食を食べ続けている人は舌苔が厚く、溜まりやすい傾向があります。

高齢や病気になって舌の機能が低下したり、動きが悪くなるとより舌の表面の汚れが落ちにくくなってしまいます。

7. 舌の位置が低い

舌の正しい位置は、舌が上あごについている状態です。

舌の位置が低い人は、上あごに舌が擦れて汚れが落とされないために舌苔がつきやすくなります。

8. 抗生物質

抗生物質抗生物質やステロイド剤を長期間飲み続けると、口の中に住んでいる細菌の種類が変わり、黒い舌苔の黒毛舌(こくもうぜつ)が認められることがあります。

9. 体調が悪い

体調不良体調が悪い時や睡眠不足になると免疫が低下し、普段は抑えられている細菌が増殖・活動しやすくなります。

また、胃腸が悪くなるときも全身の免疫機能が低下しているときでもあります。

免疫機能が低下すると細菌増殖が起こり、舌苔がつきやすくなります。

3、舌苔の色や状態で分かること

1. 白い苔が全体的に薄く付いている

舌苔の色:白薄め健康的で理想的な状態です。

この状態では口臭に影響はありません。

2. 白い苔が分厚く付いている

舌苔の色:白濃唾液分泌の減少による自浄作用の低下、胃などの消化管が弱っているときに見られます。

また、舌をあまり動かさない場合にも見られます。

3. 黄色い苔

舌苔の色:黄熱や病気などが進行すると舌苔に黄色い着色が現れることがあります。

また、タバコの本数が増えてくるとヤニの色により黄色くなってきます。

4. 黒い苔

舌苔の色:黒口の中の細菌のバランスが崩れてくると、正常な菌が減少するとこにより通常ではあまり存在しない菌が異常増殖を起こしてきます。

病気の治療のために長期間抗生剤を服用した場合などにこの菌交代現象が見られ、舌に黒い苔が生えたように見えることがあります。

5. 全く苔がない

舌苔の色:苔がない無苔と呼ばれ、慢性的な栄養不良が原因と考えられます。

具体的にはミネラルや鉄分が不足したときに見られます。

6. 所々に舌苔がない部分がある

舌苔の色:地図状これは見た目が地図のようであることから地図状舌と呼ばれます。

胃腸が弱っている、ミネラル・鉄分・たんぱく質不足が原因と考えられます。

4. まとめ

舌苔まとめ健康な人でも舌苔は付くものです。

舌苔は治療をする必要はありません。

舌苔自体はけっして悪いものではなく、むしろ適度な水分を保持し、健全な細菌の層を作って舌を保護するものです。

ただし、過剰な舌苔がつき、口臭の原因になる場合は舌ブラシで優しくなでるように磨くと良いでしょう。

舌は健康状態を表すと言います。ときどき舌のセルフチェックをしてみるのもいいかもしれませんね。

私たちは、定期検診の時なども歯だけでなく舌の状態チェックしております。

定期的に来院し、歯や舌の状態をチェックしてもらいましょう。


SNSでもご購読できます。