今すぐ電話相談 WEBで来院予約

歯周病予防は全身の健康にもつながる

もしかしたら歯周病予備軍、もしくはすでに歯周病になってしまっているかもしれません。

今回は歯周病についてのお話です。

最近では歯磨き粉のCMでもよく耳にする歯周病ですが、今や日本人の半数以上が歯周病であると言われています。

「歯医者さんに最近行ってないな」という方や、「まだ年齢からして歯周病の心配はなさそう」という方でも、もしかしたら歯周病予備軍、もしくはすでに歯周病になってしまっているかもしれません。

ここで歯周病についてのおさらいです。歯周病とは、一言でいうと歯を支えている歯ぐきや骨が壊されてしまう病気です。むし歯は歯そのものが壊されていく病気ですが、歯周病は歯の周りの組織が壊され、支えが軟弱になり、歯がぐらついて最終的には抜け落ちてしまいます。

日々の生活習慣がこの病気の危険性を高めることから、生活習慣病のひとつとされています。

歯周病の原因

歯周病の原因

では、歯周病の原因には何が挙げられるでしょうか。答えは悪玉の細菌です。

歯にくっついている食べ物のカスなどを栄養にして、細菌たちは増殖を続けながら毒素を出していきます。これが歯ぐきを腫れさせ、血や膿を出したり、骨を溶かしたりしているのです。

ここまでのお話を読んで、「自分はきちんと歯をみがいてるし大丈夫!」という方もいると思います。それでは次に歯周病になりやすい人の特徴についてあげていきます。

きちんと歯をみがいているつもりでも以下に挙げた点で一つでも当てはまったらあなたは歯周病予備軍かも!?

歯周病チェックシート

  • 煙草を吸っている
  • 歯並びが悪い
  • 歯を磨くときに出血する
  • 被せ物がなされている歯がたくさんある
  • 長らく歯科医院にいっていない
  • 口呼吸をしている
  • 歯ぎしりや食いしばりをしている、または家族などに指摘されたことがある
  • 口臭が気になる

いかがですか?一見歯周病とは別問題に見えるかもしれませんが、これらはすべて歯周病と密接に関係しているのです。当てはまる項目が一つでもあれば歯科医院で診てもらうことをお勧めします。

歯周病と全身の病気との関わり

歯周病と全身の病気との関わり

口の中で起こる病気のなかの一つに歯周病がある、ということはもうお分かり頂けたかとおもいます。しかしこの歯周病、実は全身の病気とも深く関わりがあるということをご存知でしたか?しかもそれは一つだけではないのです。

アルツハイマー病
近年の研究でアルツハイマー病の患者の脳から歯周病菌のジンジバリス菌が見つかっています。マウスの実験でも、このジンジバリス菌を投与し続けた結果、マウスの認知機能が低下し、脳内にアルツハイマー病特有の炎症や老人班がみられたというのです。
心疾患
心疾患でも、歯周病菌が一因になり得ることがあります。歯周病菌が口の中に存在すると、血液中に運ばれ、血管にくっつくことがあります。そこからプラークとよばれる塊が血栓となり、血管を塞いでしまう恐れがあるのです。これにより狭心症や心筋梗塞が誘発されるのです。
糖尿病
現代人に多い糖尿病ですが、歯周病にかかると炎症物質が体内を巡り、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の作用を弱めてしまうのです。他にも気管支疾患、低体重児出産なども歯周病と関係があるとされています。

このように歯周病は口の中で問題を起こし、さらには全身の病気を引き起こしてしまう恐ろしい病気なのです。

正しい歯みがき方法で歯周病予防

正しい歯みがき方法で歯周病予防

自分はきちんと磨いている、という方でも一度歯磨きの仕方を歯科医院でみてもらうことをおすすめします。実際に歯科医院にいらした方で、奥歯の裏側や歯の間に汚れが残っている方が多く見受けられます。

早めに歯周病予防を行っていれば、より多くの歯を残すことができ、今後の人生でより長くおいしく食事ができることでしょう。そして、それは全身の健康にもつながるのです。

2016年の調査結果で、8020達成者(80歳の時点で20本以上歯が残っている方)が51.2%になり、初めて半数を超えました。自分の歯で噛めている人が増えてきていることは喜ばしいことですが、一人一人が歯周病についての知識を深め、一本でも多くの歯を残せるように心がけていきましょう。


SNSでもご購読できます。