今すぐ電話相談 WEBで来院予約

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)による精密な歯の根の治療

歯科医が日ごろ治療を行う範囲は、1.0㎜以下の細かい部分を緻密に削ったり切ったりすることが多々あります。
そのような部位を見るには肉眼では限界があります。そこで最近、歯科業界で普及し出しているのがマイクロスコープについてご説明します。

最先端機器のマイクロスコープとは

最先端機器のマイクロスコープとは
渋谷宮益坂歯科では、カールツアイス製の先進マイクロスコープを導入しています。
約3~20倍の拡大率で見ることができる上、強い光をピンポイントで当てながら見ることができるので、今までよく見えずに感覚的に行っていたことが確実にできるようになりました。
虫歯の治療、歯の根の治療(神経の治療)、歯周病治療、被せ物の精度の向上、外科治療などあらゆる治療に応用できます。

マイクロスコープは根の治療の救世主

マイクロスコープは根の治療の救世主
マイクロスコープは、歯の根の中の治療の時に効果を発揮します。歯の根の中は非常に複雑な形ですし、肉眼ではほとんど見ることができません。マイクロスコープを使えば全ては見えなくても、かなりの範囲まで見ることができるので、根の治療の成功率を高めることができ大変重宝します。

なかなか症状が治まらず原因が分からなかった症例でも、マイクロスコープを使って原因を見つけることができたり、除去しきれなかった汚れや異物が除去できるようにもなりました。

また、ハンディカムカメラを搭載しているので、治療しているシーンを撮影して患者さんに見せながら説明することができるのもメリットです。

渋谷宮益坂歯科では、なるべくマイクロスコープを用いて、より精密な治療をするよう心がけています。


SNSでもご購読できます。