渋谷宮益坂歯科で行われているインプラント治療の流れと治療期間・通院回数

インプラント治療とは、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった場所にインプラント体と呼ばれるネジを歯の根の代わりに入れる治療

インプラント治療ってなに??

インプラント治療とは、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった場所にインプラント体と呼ばれるネジを歯の根の代わりに入れる治療です。顎の骨にインプラント体を埋め込み、その上に上部構造(被せ物)をはめ込む治療方法となります。

インプラント治療をお考えの方へ

インプラントを考えているが、「どういった流れで治療が進んでいくのか分からない。」「回数、期間はどれくらいかかるの?」といった声を耳にすることが非常に多いです。本記事では、こうした疑問にお答えするために実際の患者様のインプラントケースを通して一連の流れと通院回数、期間についてまとめてみました。

今回は、東京都渋谷区の歯医者「渋谷宮益坂歯科」で行われているインプラント治療の基本的な流れをご紹介します。患者様のお口の状態やケースによっては以下の流れとは異なる場合もありますが、大まかな流れはこうしたものとなりますので是非、参考にしてみてくださいね。

STEP 0. インプラント術前検査

当院では、インプラント治療を行う前にお口の中がどのような状態かCTと呼ばれる3次元画像やお口の中の模型を取り、精密な検査を行っております

当院では、インプラント治療を行う前にお口の中がどのような状態かCTと呼ばれる3次元画像やお口の中の模型を取り、精密な検査を行っております。

残っている噛み合わせの状態、インプラントがどこに何本必要か、骨の硬さ、厚み、神経や副鼻腔の位置などを正確に把握し、治療の計画を立てます。また、安全に行うために患者さんの全身的なお身体の状態についてもお伺いします。

精密な検査の結果により治療法、費用、通院期間などの治療計画を患者さんに説明し、患者さんの同意のもと治療を開始していきます。

STEP 1. インプラント 1次オペ 通院回数:1回

通常、インプラント治療における手術は2回に分けて行われます。1次手術では歯の土台となるインプラントを埋め込みます。

インプラントの手術時間はケースにもよりますが約1~3時間程度で、入院などは必要なく、術後すぐに日常生活に戻れます。

通常、インプラント治療における手術は2回に分けて行われます。1次手術では歯の土台となるインプラントを埋め込みます。

局所麻酔が使われるので痛みはほとんどありませんが、痛みが不安な方や歯科恐怖症の方や全身的な疾患がある方には静脈内鎮静法というやり方を採用することもあります。静脈内鎮静法は麻酔科の先生をお呼びし、腕の静脈に点滴をして鎮静剤を注入する方法です。点滴して数分後にお薬が効いて眠くなります。意識はありますが、不安や緊張が和らいで痛みが感じにくくなります。

インプラントの手術時間はケースにもよりますが約1~3時間程度で、入院などは必要なく、術後すぐに日常生活に戻れます。

STEP 2. 消毒 抜糸 通院回数:1回から2回

インプラント手術後、1~2日で消毒に来ていただきます。それは、痛みが出ていないか、傷口から感染を起こしていないか、麻痺などは出てきていないかどうかを確認するためのものとなります。

そして、オペ後約1週間から10日をめどに傷口を確認したうえで糸抜きをしていきます。

STEP 3. インプラント 2次オペ 通院回数:1回

インプラントを埋入した後、インプラントと骨の結合(オッセオインテグレーション)が得られるのを待ちます。

インプラントを埋入した後、インプラントと骨の結合(オッセオインテグレーション)が得られるのを待ちます。オペの内容や、上顎、下顎で違いますが、通常3ヶ月~6ヶ月程度待つことが多いです。

インプラントが定着したところで、埋め込んだインプラントの頭の部分を出し、アバットメントと呼ばれる装置をつける2次オペを行います。

STEP 4. 仮歯の型取り 通院回数:1回

当院では、最終的なセラミックでできた被せ物に行く前にプラスチックの材料でできた仮歯で一定期間経過を見ます。

2次オペが終わり、傷口が落ち着いたらいよいよインプラントの被せ物を作る工程に入ります。当院では、最終的なセラミックでできた被せ物に行く前にプラスチックの材料でできた仮歯で一定期間経過を見ます。

その理由は、次のSTEPでお伝えしますね。

STEP 5. 仮歯セット・調整 通院回数:1回

インプラントにおける仮歯の役割はただ単に見た目を改善するだけでなく、細かい噛み合わせを見たり、歯ぐきの状態や清掃性を評価するのに大変役に立ちます。

プラスチックの材料でできた仮の被せ物になります。

インプラントにおける仮歯の役割はただ単に見た目を改善するだけでなく、細かい噛み合わせを見たり、歯ぐきの状態や清掃性を評価するのに大変役に立ちます。

STEP 6. 上部構造 型取り 通院回数:1回

仮歯にて一定期間置き、噛み合わせや歯肉の形態を十分に評価し問題ないとしたうえで、最終的な被せ物の型をとります。

仮歯にて一定期間置き、噛み合わせや歯肉の形態を十分に評価し問題ないとしたうえで、最終的な被せ物の型をとります。

STEP 7. 上部構造セット・調整 通院回数:1回から2回

STEP 1. インプラント 1次オペから約6か月経過

STEP 1. インプラント 1次オペから約6か月経過

上部構造で使われるセラミックの被せ物は色や形を患者さんに合わせてオーダーメイドで作製します。天然の歯と見分けがつかない被せ物をインプラントに装着します。

STEP 8. 治療後のメンテナンス:1か月から6か月に1回

メンテナンスは可能なら3ヶ月に1回のペースで、少なくとも年1~2回は通うことをおすすめします。

インプラントを1日でも長く維持するためには、日頃から正しい方法で歯磨きやプラークコントロールを行い、お口の中を健康に保つことが重要です。

また、定期的に歯科医院で検診を受けることもお忘れなく。レントゲンで骨の状態をチェックしたり、かみ合わせや口腔内の環境がうまくいっているかどうかなど、こまめにチェックしてもらうことが大切です。

メンテナンスは可能なら3ヶ月に1回のペースで、少なくとも年1~2回は通うことをおすすめします。

インプラント治療のまとめ

いかがでしたでしょうか。本記事を読んでみて、インプラント治療の一連の流れのイメージが湧きましたか?

今回のケースでは、インプラントを埋め込む1次オペから最終的な被せ物が入るまでの期間は約6か月、通院回数は約10回を要していますが、お口の中の状態や骨の状態によっては期間や回数も大幅に変わることもありますのであくまで目安として受け止めてくださいね。

「こんなに回数や期間もかかるのか。」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、長い年月をかけて失われた歯を新たに作っていくのには、それ相応の期間がどうしても必要となってくるのですね。

ただし、症例によっては短期間で行うインプラント治療も出てきていて、これも適応な場合とそうでない場合がありますので、担当の先生とご相談されることをお勧めします。


SNSでもご購読できます。