今すぐ電話相談 WEBで来院予約

保険がきく入れ歯、保険がきかない入れ歯

入れ歯

保険制度の問題点

日本は国民皆保険を制度化しており、その下でできる検査法や治療法、治療期間、使われる薬剤、素材等について細かく規定されています。

入れ歯を作る補綴治療をするにしても、保険を適用してできるだけ費用を抑えたいと考えるのは当然でしょう。しかし、入れ歯の補綴治療には、素材の違いなどによって国民健康保険等の公的な保険がきく場合ときかない場合があります。

それは自由診療でなければ、できない補綴治療があるということではありません。より精密で満足度の高い入れ歯を望む場合に、自由診療が選択できると言う意味です。すべての入れ歯治療が保険の対象になれば良いのですが、現在の制度では望むべくもありません。

現在の保険制度はベーシックな治療対象範囲としており、歯科医の経験の度合いや技術力の高さは勘案されていません。大切なのは保険ではどんな入れ歯ができるのか、保険がきかない自由診療の場合はどんな可能性があるのかをしっかりと見極めることです。

保険が効く入れ歯と自由診療の入れ歯の違い


保険が効く入れ歯と自由診療の入れ歯の大きな違いは、義歯床などの素材が異なる事です。

保険が効く入れ歯

保険の範囲で処置する場合、義歯床の素材は樹脂(プラスチック)となります。入れ歯の人工歯も種類が限られ、残っている歯も色や形の調和が取れないこともあります。また決められた範囲で入れ歯を作るため、審美性の問題もあります。

入れ歯の素材や技術は次々と新しいものが開発されていますが、これらはほとんどの場合、保険の適用外になっています。

保険適用の入れ歯のメリットは、なんといっても費用が安いことです。また比較的修理が簡単です。あらかじめ決められた範囲での補綴治療となるので、自由診療と比べて治療期間が短いこともメリットと言えるでしょう。しかし同時にそれは計画性を持った長期的な治療には不向きだと言う事でもあります。

保険がきかない入れ歯

自由診療、つまり自己負担による入れ歯は費用が高いだけに保険適用の入れ歯より多くの点で優れています。

義歯床の素材には一般に金属が使われます。人工の歯も多くの種類が用意されていて、自分に合ったものを選ぶことができます。

クラスプ(固定の為に、残存歯にかける金属のバネ)もそれをかける残っている歯にあまり負担をかけずに加工をすることができます。

自由診療は、新しく開発された技術や素材にも対応できます。また自由診療で作る入れ歯は、設計や加工においても高度な技術が求められ、高い精密性があります。

そのため保険適用で作った入れ歯と比較して、大きな違和感なく装着でき、安定性も高く、審美性にも優れています。しかし精密な入れ歯を作るために、診療期間は長くなるというデメリットもあります。

入れ歯の保険診療と自由診療の比較

保険診療 自由診療
費用 安い。
医院によって治療費の差がない。
高額、自己負担。
医院によって治療費が異なる。
治療方法 限られた時間と費用の中での治療。 治療方法の自由度が高く時間をかけられる。
素材 限られた素材を利用。 様々な素材、新しい素材も利用できる。

保険診療と自由診療の入れ歯、どちらを選ぶべき?

入れ歯を作る場合、保険診療にするか自由診療にするかで悩む人は少なくありませんが、個々人の事情によりどちらが良いかは一概には言えません。

自由診療による入れ歯は、いわばオーダーメイドで作ったといえるもので保険適用の範囲で作ったものよりはるかに満足度は高くなるでしょう。しかし診療費はかなり高額になります。また自由診療で入れ歯を作った人でも、不満を訴えるケースもあります。

大切なのは最も自分に合った入れ歯はどのようなものなのかを、歯科医とじっくり相談して補綴方法を決めることです。特に自由診療の場合は、患者さんもある程度入れ歯の補綴治療についての知識を身に付けておく必要があります。

渋谷宮益坂歯科が入れ歯に強い理由

入れ歯専門医である田中久敏当院、渋谷宮益坂歯科には、入れ歯専門医である田中久敏が勤務しております。

岩手医科大学名誉教授・元日本補綴歯科学会会長である田中久敏による匠の技術は、北海道から九州まで日本各地の入れ歯で困った患者様に快適な入れ歯生活を提供してきました。患者様とじっくりお話をした上で、一から入れ歯を作り上げていくオーダーメイドの入れ歯です。

そして、歯科医師としての技術の他に大切な役割を担うのが技工士です。歯科医師は患者様と直接お話をして、最適な口腔内の状態やご希望を実現する為に診療を行います。その後、歯科医技工士は入れ歯を完成させる作業を担います。

歯科技工士の腕も田中久敏と30年以上の付き合いになる超一流です。当院の入れ歯(自費診療)は、歯科医師と歯科技工士の高度な技術により完成します。


SNSでもご購読できます。