今すぐ電話相談 WEBで来院予約

入れ歯を清潔に保つお手入れ方法

入れ歯を清潔に保つお手入れ方法

入れ歯は主にプラスチック樹脂でできている為、吸水性があり、汚れや細菌、臭いなどが吸着しやすいという特徴があります。

また入れ歯を着けているときは唾液による自浄作用が働きにくい為、粘膜と入れ歯の隙間やクラスプに細菌が繁殖します。

入れ歯を快適に使用する為には、入れ歯、残っている歯、歯肉のお手入れが必要になってきます。

これらのお手入れが不足していると、口内炎、口臭、入れ歯の色素沈着や歯石沈着、残っている歯のむし歯や歯周病などが起きてくる原因になってしまいます。

食後のお手入れ方法

食後のお手入れ方法

食後は入れ歯をはずし、流水下で義歯ブラシを使って清掃しましょう。落として破損したり排水口へ流してしまわないように水を張った洗面器などの上で清掃するといいでしょう。

通常の歯磨剤の使用は天然歯の為に作られたものになりますので入れ歯への使用は良くないです。特に研磨剤の入った歯磨剤を使うと入れ歯に傷をつけてしまいそこに細菌が入り込んでしまう原因になります。

研磨剤の入ってない入れ歯専用のものを使いましょう。クラスプがある場合はクラスプを強く持ってしまうと変形させてしまう恐れがあるため気をつけましょう。

化学的清掃方法

化学的清掃方法

ブラッシングだけでは落としきれない汚れや細菌は入れ歯洗浄剤を用いて化学的に清掃する必要があります。1日1回はこの清掃を行うようにしましょう。

入れ歯をブラシで清掃した後、水もしくはぬるま湯に入れ歯洗浄剤を入れ、入れ歯を入れます。汚れが目立つ場合は一晩つけましょう。

浸漬後、再び流水下でブラシを使い、浮いた汚れと洗浄剤を洗い流します。

入れ歯の保管方法

入れ歯の保管方法

入れ歯は熱や乾燥に弱いため、そのままにしておくと変形や変色、ひび割れを起こしてしまう恐れがあります。保管する際は水を入れた容器に入れるようにしましょう。

入れ歯が当たって痛い、安定しない、こわれてしまった、入れ歯に関するお困り事がございましたら歯科医院を受診しましょう。


SNSでもご購読できます。