根管治療の治療の流れについて

覆髄(神経の保存を試みる治療)

歯科医師
今回は虫歯を削って部分的な詰め物の型取りをする予定でしたが、虫歯がとても深かったためお薬を置いて一定の期間様子を見たいと思います。
その治療内容について今から説明していきます。

患者様
はい。お願いします。

歯科医師
今回治療したところはとても虫歯が深く神経の近くまで削っています。
完全に神経まで虫歯が達していた場合はその場で神経の治療に入るのですが、今回のように達しているか達していないかギリギリの判断の時はお薬を置いて仮蓋をして1ヶ月以上様子を見させていただきます。

 

歯の神経は、歯に栄養を供給する役割を果たしています。
そのため、神経をとってしまうと歯に栄養が行かなくなり、その歯は枯れ木のようにとても脆くなってしまいます。
歯にとって神経はとても重要な存在なのでなるべくとっておきたいのです。

なので、今回のように判断が難しい場合は簡単に神経をとってしまうのではなく一定の期間様子を見て、なにも問題なければ予定していた部分的な詰め物の型採りを行います。
たくさん削っているので冷たい飲み物でしみたりすることはあるかもしれません。

しかし、もしなにもしなくてもズキズキと痛みが出るような症状が出たらそれは虫歯が神経まで達していたということになるので神経の治療に移ります。
お痛みが出なかった場合は経過をみた後に詰め物の型採りをして、予定通り詰め物をセットしていきます。
しかしながら、たまにセットした後から痛みが出て神経の治療が必要になることもありますのでご理解ください。

また、精度の良くない詰め物をご選択なさると、セットした後に虫歯になりすぐに神経が感染してしまう可能性もあるので、なるべく精度の良い詰め物を選択した方が良いと思います。
 

患者様
詰め物を詰めた後も痛くなることがあるのですね!
銀歯だと、痛くなることが多いのですか?

歯科医師
銀歯は金属なので、冷たいものを口に含むと冷たくなりますし、熱いものだと熱くなります。
その刺激が神経の方まで徐々に伝わって、後から痛くなることも結構あります。

それに比べるとセラミックやハイブリッドセラミックの方が熱を伝えにくいし、詰め物の精度も良いので長持ちすると言えます。

患者様
でも、高価なものを入れても、ここまで深く削っていたら、後から痛くなって、結局神経を取ることになりそうですよね…。
歯科医師
保険のきかない詰め物に関しては保証があるので、仮に、セットしてから痛くなってしまって神経を取らなくてはいけなくなった場合でも、2年以内でしたら保証内で治療ができます。

その際はまたご説明いたしますが、被せ物を選ぶときに差額で作成することができます。
定期的に検診にいらしていた場合のみに限りますので、それだけご注意ください。

患者様
保証って、そういう意味もあるのですね。
なるほど、検討してみます!
歯科医師
ありがとうございます。
では本日の治療はここまでにさせていただきます。
麻酔が切れてから、ズキズキと痛んでしまったらすぐにご連絡ください。

麻抜(神経を取り除く治療)

歯科医師
なにもしなくてもズキズキ痛むということなので以前説明したとおり神経の治療に移ります。
神経の治療の流れについてご説明させていただきます。
患者様
はい。お願いします。

歯科医師
まず麻酔を打って、神経の上の部分を取りきっていきます。取り除いたあとは針金のような器具を使い神経を取り除いていきます。
麻酔を打つと個人差がありますが大体2~3時間効いています。
感覚がないためお食事の際などはやけどや頬を噛まないようお気を付けください。

 
神経が入っている根っこの長さを計りながら洗浄・消毒をしてキレイにしていきます。
根っこの先まで薬を詰めているため治療後に痛みが出る恐れがあります。
痛みが治まらない場合は我慢なさらずすぐお電話ください。

最後に中に綿をいれて上から粘土のようなもので仮ぶたをして終わりになります。
そしてまた次に来たときに仮ぶたを外し、中の洗浄をしての繰り返しになります。
仮ぶたはポロポロと少しずつとれてくることがあります。

歯ブラシで強い力でゴシゴシ磨くと削れてしまうのでなるべくやわらかい歯ブラシで優しく磨いてください。
すべてとれてしまった際は付け直しさせていただきますのでお電話ください。

患者様
その治療は何回ぐらいで終わるんですか?
歯科医師
神経の形や本数は人によってさまざまです。
そのため回数は個人差がありますが、前歯で2〜3回、奥歯は3回~5回ぐらいは見ておいてください。
患者様
結構回数かかるんですね、、、
歯科医師
そうなんです。
神経はとても複雑な形をしており、それを綺麗にしないとまた痛みが出てしまうことが多いのです。

本日入れたお薬も、効き目がずっと持続しているわけではないので、コンスタントにいらしていただいて治療を進めることをお勧めします。

放置してしまうと、また痛みが出てしまいますし、治りも悪くなってしまいます。
神経の治療はとても時間も回数もかかります。
ですから治療中以外の歯はこうならないように日頃から歯ブラシをしっかり行い予防してくださいね。

患者様
わかりました。がんばります!
歯科医師
では、また次回も神経の治療の続きを行っていきます。

根充(神経を取り除いた根の管を詰める治療)

歯科医師
根っこの中の洗浄が終わったので神経が入っていた管に、樹脂状の物を詰めていきます。
根っこの先までしっかり詰め物が入っているか確認のレントゲン写真を撮らせていただきますのでお願いします。
患者様
はい。わかりました。
歯科医師
レントゲンを確認したところしっかり先まで詰め物が入っていましたので今日の治療はここまでになります。
また今までと同じように仮ぶたがつけてあります。
固まるまで30分間はお食事はお控えください。

ガムやキャラメルなどの粘着性のある食べ物は取れてしまいやすいのでその歯では噛まないようお気を付けください。
根っこの先まで詰め物が詰めてありますので痛みが出る恐れがあります。
痛みが治まらない場合はお電話ください。
歯ブラシはやわらかめの歯ブラシで優しく磨いてください。

患者様
次回はどんな治療になりますか?
歯科医師
お痛みなどが出なければ、次回の治療は土台の型採りをしていきます。
患者様
わかりました。よろしくお願いします。

コア(土台)の型採り

歯科医師
今日は神経の治療をして空洞になっている部分を補うためのコア(土台)の型採りをしていきます。

 

コアにも保険診療のものと自費診療のものがありますので種類の説明からさせていただきます。
コアはメタルコアという保険適応のものとファイバーコアという保険適応外の2種類があります。

メタルコアは金属の素材でできているため金属アレルギーの原因となることがあります。
光を通さないので被せものの種類によっては金属色が透けてしまうことがあります。
また、金属は歯よりも硬いので噛み締めたり食いしばる時など強い力がかかると歯が負けて割れてしまうことがあります。

神経を取り除いている歯はとても脆い状態になっているので健康的な歯に比べると折れやすくなっています。
根っこから歯が折れてしまうと抜歯しなくてはいけません。
ファイバーコアは保険適応外なので金額が¥15,000かかりますが、天然の歯と硬さが似ており、強い力がかかったときに歯と一緒に動いてくれるため残っている歯が折れる可能性が低いです。

そのため安全性がメタルコアよりも高いです。
色は白く、天然の歯と似ていて光を通す素材です。
審美的にキレイに仕上がります。
くっつける接着剤は保険外のものを使うので長持ちします。
メタルコアは型採りをしてから約1週間ほど出来上がるのに時間がかかるのでセットするまで2回来ていただきます。
ファイバーコアはケースによりますがその日のうちにその場で直接セットすることができるので来院回数が1回減るという長所もあります。

患者様
折れてしまうのが怖いので土台は自費診療の方にしようかなぁ。
歯科医師
最終的な被せ物は保険の物で考えていますか?
患者様
まだ考え中ですが保険の物でもいいかなと、、、
歯科医師
最後にもう一つ重要なことをお伝えします。
土台と被せ物では保険診療の決まりで保険と自費診療の組み合わせができません。

土台が保険適応のものを選ばれた場合は被せ物も保険適応のものになります。
反対の場合も同じです。

患者様
ファイバーコアにした場合は被せ物は保険適応のものは使えないんですか?
歯科医師
保険適応の被せ物も選ぶことは可能ですが本来3割負担の金額が10割負担になります。
患者様
なるほど。わかりました!安全性を重視してファイバーコアにします。
歯科医師
ファイバーコアと仮歯の型取りを一緒に行いました。
次回セットになります。また仮ぶたになっていますので30分間はお食事お控えください。

ファイバーコアは¥15,000でございます。
本日は契約日ですので一時金の¥1,000以上のお支払いをお願いいたします。
次回セットの日に残りの金額のお支払いとなりますのでご用意をお願いいたします。

また、仮歯が1本¥2,000ですのでそちらも合わせてご用意をお願いいたします。

仮歯

歯科医師
前回型採りしたファイバーコアと仮歯をセットします。
コアをセットして形を整えてから仮歯を上からセットします。
患者様
なぜ仮歯を入れる必要があるのですか?

歯科医師
最終的に入れる被せ物をセットする前に、形や噛み合わせに問題がないかを確認するために仮歯で様子を見ます。

 
一定期間問題なく使えたら被せ物の型採りをしてきます。
この歯は、神経の治療をしているときはあえて噛み合わせに参加しないように調整していました。
その歯が急に噛み合うようになるとまた痛みが出てしまうことが稀にあるのです。
ですので、何かあったときに取り外しや調整が簡単にできる仮歯を置いて、様子をみます。
仮歯はプラスチックでできているため壊れやすいです。
欠けたり割れてしまうと作り直しになってしまったり修理に時間がかかってしまうので硬いものを食べるときなどは注意してください。
また、簡単に取れるような接着剤で付けているので粘着性のあるものを食べると取れてしまうことがあります。

ガムやキャラメルなど食べる際はその歯では噛まないように気をつけてください。
もし壊れたり取れてしまった場合は応急的に修理や付け直しすることができますのでご連絡ください。
取れてしまった仮歯は必ずお持ちください。
また、久しぶりに噛み合うようになって痛みが出てしまった場合も、調整しますのでお電話ください。
仮歯で様子を見ている間、残っている他の虫歯の治療を進めていきます。

被せ物の型採り

歯科医師
では最終的な被せ物の型採りをします。
まずは種類の説明をさせていただきます。

1. オールセラミックプレミアム

価格 ¥150,000(税別)
保険適応外保証 5年

こちらは一番金額が高いものになります。
白く透明感がありとてもキレイな仕上がりになります。
オーダーメイドでお作りしますのでご自身の歯の色と合わせて作ります。
精密な型採りを行います。セラミックの素材でできているので汚れや着色がつきにくいです。
また安定した噛み合わせを維持できるのも特徴となっています。
他の被せ物は機械で作りますがこちらの被せ物は手作業で作るため制作日数が10日以上かかります。
強度は天然の歯よりも硬いので強い力がかかったときに天然の歯に負担がかかることがあります。
くっつけるときに使う接着剤は保険診療のものよりも精度が高いので外れにくく、虫歯ができにくいです。

2. オールセラミックスタンダード

価格 ¥100,000(税別)
保険適応外保証 5年

こちらもプレミアムと同じように精密な型採りをし、オーダーメイドでお作りしますので、ご自身の歯と同じ色でキレイな仕上がりになります。
強度や精度はほぼプレミアムと変わりませんがプレミアムの方がより透明感が出るため審美性に優れています。

3. ジルコニアクラウン

価格 ¥50,000(税別)
保険適応外保証 2年

こちらの被せ物も保険適応外で白い被せ物です。
保険適応外の被せ物の中で1番金額が低いものになります。
ジルコニアという材料で作られていてとても硬い素材です。
そのため噛み合う歯を傷めることがあります。
白い被せ物ですがオールセラミックのもののようにご自身の歯の色に合わせて作るのではなく、3種類の白色から1番近い色をお選びいただきます。
オールセラミックの被せ物よりも歯を削る量が少ないのが特徴的です。
くっつける接着剤はオールセラミックの物と同じものになりますので精度が高く外れにくいです。

4. CAD/CAMクラウン

価格 約¥9,000[自費診療:¥40,000](税別)
保険適応保証 なし

この被せ物は保険適応ですが小臼歯(4,5番目の歯)の時のみお選びいただけます。
プラスチックの材料でできているため割れやすく壊れやすいため強い力がかかる奥歯には適応できません。
歯ぎしりや食いしばりをよくする方にはおすすめしていません。
削れやすいので噛み合わなくなることがあります。
白い被せ物ですが一色のみになり、プラスチックなので経年的に着色します。
土台をメタルコアを入れている場合、金属が透過することがありますのでうっすら黒く見えることがあります。

5. パラジュウムクラウン(銀歯)

価格 約¥5,000[自費診療:¥20,000](税別)
保険適応保証 なし

こちらは銀歯になるので見た目が悪く、銀を使用しているため歯肉が黒くなりやすいです。
金属なので金属アレルギーの原因にもなります。
精度が低く、くっつける接着剤の精度が自費診療のものよりも落ちるためすき間ができやすく虫歯になりやすいです。
保険適応なので安価なところが長所となります。

  
保証は5年のものと2年のものがございます。
壊れたり欠けたりしたときは保証期間内でしたら無償で作り直しさせていただきます。
3ヶ月から半年に1度定期健診に来ていただくことが条件となりますのでお気を付けください。

歯科医師
いくつか種類があるので迷うと思いますがどうなさいますか?
患者様
今回治療するところは目立つ場所になるので白いものにはしたいけどなあ。
歯科医師
そこの歯はファイバーコアという保険適応外の土台が入っているのでCAD/CAMクラウンとパラジュウムクラウンを選んだ場合は10割負担となります。
患者様
それなら今回はキレイで長持ちするものがいいのでオールセラミックプレミアムにします!
歯科医師
わかりました。
ではお色合わせのお写真を撮って精密な型採りをしていきますね。
最後はまた仮歯を戻します。
次回ご来院の際に形や色が合っていたらセットする予定です。
それでこの歯の治療は終わりです。
長い期間大変でしたね。
お疲れ様でした!
患者様
もう神経までいくような虫歯を作らないよう歯ブラシがんばります!
歯科医師
がんばってください!定期的なクリーニングをして予防していきましょうね!

SNSでもご購読できます。