Back to top
虫歯とプラークコントロール

虫歯について

虫歯とプラークコントロール

carious plaque control

「プラークコントロール」は口内環境の向上の為に大切です。
プラークとは歯垢の事です。
食事の後に残った食べかすとは違い、
このプラークが歯に付着してしまうことで、
歯周病の原因になることが指摘されています。

歯の表面に付着してしまったプラークを落とすには、
口をゆすいだだけでは難しいと言えます。
食後にきちんとブラッシングをしたり、
クリニックなどでプラークの除去を定期的に行うことが大切です。

プラークコントロールの為には、
虫歯の治療も大切な役割を担っています。
虫歯になってしまった歯は段差が出来てしまいます。
その部分にプラークが付着しやすくなってしまうのです。
虫歯の治療を行い改善をすることは、
虫歯以外の病気を予防することにも効果的なのです。
痛みがないからといって放置したり、
治療が怖いからと先延ばしにしてしまうのは辞めましょう。

またプラークコントロールの為には、
虫歯の予防と同様に食生活や日常生活の見直しも大切です。
不規則な食事回数だったり間食をしたり。
夜に小腹が減ったからと間食をして、そのまま寝てしまった経験はありませんか?
規則正しい生活をしてブラッシングをしっかりと行わないと、
プラークコントロールをするのは難しいです。
「食べたら磨く」を心がけるだけでも違いが現れます。
きちんと歯を磨くことを習慣にしましょう。

プラークコントロールの基本は、
歯に付着してしまったプラークをきちんと落とすことです。
ブラッシングだけではなくデンタルフロスや歯間ブラシを使って、
磨きのこしをなくすことが大切です。
歯磨き粉もプラークコントロールの効果のあるものが沢山発売されています。
プラークコントロールを上手にして、オーラルケアを心がけましょう。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

虫歯について